法人社長の社会保険料削減に国民健康保険料削減スキームを活用する

社会保険料を削減する方法

個人事業主の事業の売上が増えてくると、「法人成り」を考えるようになります。 これは主に税負担の軽減を考えての措置で、法人を設立した方がトータルの税負担を少なくすませることができます。 しかし、最近は社会保険料の負担が30・・・

パート労働者の社会保険適用対象企業が「51名以上」に引き下げ。企業の社会保険料対策はどうなる?

人件費対策

政府が検討する公的年金改革案で、パート労働者への厚生年金の適用拡大について、「従業員501人以上」としている企業規模要件を「51人以上」に引き下げる方向で最終調整に入ることがわかりました。 この引き下げにより、厚生年金の・・・

社長の相続財産にある「役員借入金」と「役員貸付金」の相続リスクを知る

事業承継対策

社長(被相続人)が亡くなった場合、配偶者や子(相続人)に社長の財産が引き継がれます。 その相続財産の中には、不動産や金融資産、自社株といったプラスの財産のみならず、「負債」も同時に引き継がれます。 会社経営だと、社長が個・・・

法人と役員の業務委託契約は危険!外注費は否認の可能性大

社会保険料を削減する方法 節税対策

給与でなく外注費として報酬を支払えば、 法人・個人と共に社会保険料の負担がなくなる 消費税の課税取引なって消費税対策になる というメリットを受けられます。 役員の社会保険料の負担が重い場合、役員報酬ではなく「一部を業務委・・・

ページの先頭へ