労務リスク対策

労務リスク対策をして、経営者・従業員が安心して事業に取り組める環境へ

人事・労務に関するリスクは、年々上昇しています。

長時間労働、ハラスメント、未払い残業代、労働災害、不当解雇、情報漏洩など、これら労働トラブルによって裁判にまで発展すれば、企業は百万、ときに千万単位の賠償金の支払いを命じられることがあります。

仮に数千万単位の賠償金の支払いを命じられれば、それが原因で倒産しかねないでしょう。

労務トラブルを簡単に考えてはいけません。

労務トラブルを未然に防ぐには、リスクを洗い出して抽出し、それに対処できる管理体制を構築しておくことが打ち手です。

そのような労務リスク対策への取り組みが、企業のレジリエンス(回復力)を高めます。

その第一歩が、就業規則の見直しです。

就業規則は、会社内のルールを定めた規則で、経営者と従業員の双方のそれぞれが守るべきルールとなります。

ルールに基づき運営されることで、労使間のトラブルを回避することに役立ちます。

労使間のトラブルに発展するのは、物事を「正」か「否」か、基準に基づいてジャッジするルールがないことに大きな原因があります。

この就業規則を、労務トラブル回避に役立てられるよう見直していきます。

さらに、就業規則を見直すことで、労働基準法等の労働法に合わせた労働環境に整備することになり、従業員が安心して働きやすい環境へと変えることができます。

職場が安心して働きやすい環境になれば、従業員の離職率の低減はもちろん、人手不足が進む中でも採用に困らない会社になるでしょう。

この機会に、労務リスク対策へ取り組んでみませんか?

お問合せはこちらからできます。

メニュー

  1. 資金繰り対策

    企業の事業活動が止まるときとは(あえて倒産とはいいません)、詰まるところお金が無くなったときです。 であるなら、資金繰りの管…

  2. 与信管理

    売上は作るだけでは意味がなく、お金を回収するところまでがセットです。 その回収したお金で、仕入れ先に代金を支払い、従業員には…

  3. 労務リスク対策

    人事・労務に関するリスクは、年々上昇しています。 長時間労働、ハラスメント、未払い残業代、労働災害、不当解雇、情報漏洩など、…