資金繰り対策

資金繰りの管理は最重要のリスク対策

企業の事業活動が止まるときとは(あえて倒産とはいいません)、詰まるところお金が無くなったときです。

であるなら、資金繰りの管理こそ、最重要のリスク対策でしょう。

資金繰りの管理とは、「資金繰り表」を作ってお金の出入りを管理していくことです。

具体的には、お金の支出と収入のタイミングと金額を把握し、1カ月後、3か月後、6ヶ月後の現預金残高を予測しておく。

仮に、数か月後にお金が足らないとわかれば、金融機関からお金を借りて必要資金を事前に確保しておけます。

ちなみに、状況が悪くなれば、それに比例して、金融機関からお金を借りれる可能性は低減していきます。

つまり、「資金が足りなくなる」と予測した段階で借入れを申し込むのが、一番借りやすいタイミングであり、反対に資金が足りなくなる期日が近づくほど、借りにくくなるということです。

だからこそ、資金繰り表で数カ月先の現預金残高を予測しておくことは、事業継続のリスク対策となり得るのです。

このように、資金繰り表で未来の現預金残高を予測できれば、経営者は安心して事業に打ち込むことができます。

資金繰り表でお金の管理をすることはマストといってもいいでしょう。

当コンサルティングでは、資金繰り表導入の支援をいたします。

ご興味ある方は、こちらからお問合せください。

メニュー

  1. 資金繰り対策

    企業の事業活動が止まるときとは(あえて倒産とはいいません)、詰まるところお金が無くなったときです。 であるなら、資金繰りの管…

  2. 与信管理

    売上は作るだけでは意味がなく、お金を回収するところまでがセットです。 その回収したお金で、仕入れ先に代金を支払い、従業員には…

  3. 労務リスク対策

    人事・労務に関するリスクは、年々上昇しています。 長時間労働、ハラスメント、未払い残業代、労働災害、不当解雇、情報漏洩など、…