「融資対策」の記事一覧

コロナ融資の出口戦略はすでにはじまっている

コロナ融資の「延命」でない「出口戦略」 コロナショックで融資の審査は一時的にゆるくなりましたが、借りたお金は借りたお金、いずれ返さなくてはいけません。 借りたのはスタートであって、返済という出口戦略はすでにはじまっていま […]

銀行が「貸さない」「金利を下げてくれない」3つの原因とは?

融資を申し込んでも、銀行が「貸さない」「金利を下げてくれない」原因は、大きくいって次の3つの「間違い」にあります。 付き合う銀行を間違えている 決算書が銀行の好みになってない 銀行との付き合い方を間違えている この間違い […]

借入は「お金があるとき」が鉄則。お金がお金を呼ぶ銀行融資の法則とは?

類は友呼ぶという言葉があるように、お金はお金が呼んできます。 たとえば銀行からの融資です。 融資はお金があるからこそ借りることができます。 お金がなければ銀行は融資をしてくれません。 これぞまさにお金がお金を呼ぶというこ […]

銀行融資に待ったがかかる役員貸付金の解消法

銀行が嫌う勘定科目に「役員貸付金」があります。 役員貸付金とは、社長が会社から借りるお金のことで、この勘定科目があると銀行融資に悪影響を及ぼします。 役員貸付金が勘定科目にある場合は、解消しておく必要があります。 「資産 […]

人件費に銀行融資は使えるか?

ご存知の通り最近の日本では少子高齢化が進んでいて、労働人口は減っています。 そのため人を採用するのにも苦労し、雇用市場は完全に売り手市場となりました。 採用するのに人件費は高騰し、人手不足と人件費高騰で経営者の頭をダブル […]

新規融資もリスケジュールも早めにしておかないといけない理由

新規の融資にしてもリスケジュールの交渉にしても、基本は余裕のあるうちに金融機関と交渉をしておきましょう。 理由は簡単で、状況が悪くなれば資金調達の交渉も比例してむずかしくなるからです。 貸す側にしてみれば当たり前の理論で […]

会社を成長・維持するためには資金調達能力が必要

会社を成長させたり維持していくためには、キャッシュが常に必要になります。 逆にいえばその状態を目指すには、キャッシュは「常に不足するもの」なのです。 キャッシュという推進力を失えば、企業は衰退に向かって動きます。 だとし […]

融資成功ガイド!銀行員の決算書の見方とは?

銀行融資は決算書で8割は決まるといわれています。 近年は事業性評価といって、事業そのものの、収益性、計画性、将来性をみて判断しようという動きも出ていますが、まだまだ決算書での評価が大きいのが現実です。 誤解を怖れずいうな […]

粉飾決算で銀行からの融資はどうなる?!粉飾のリスクと見破られ方とは?

赤字が融資にとってマイナスであることは間違いありません。 赤字となって融資が出なければ、資金不足に陥り、借入の返済や従業員の給料などの支払いができなくなります。 そうした理由で不安になり、何はなくとも損益は黒字を確保する […]

赤字決算でも銀行から融資を受ける方法 

銀行は赤字の企業に融資をするのを嫌がります。 それはもちろん、融資しても全額返済されない可能性が高いからです。 では、赤字決算の企業は、融資をあきらめなくてはいけないのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。 赤字 […]

事業資金を借りるときの正しい銀行の選び方

事業資金の融資の申し込みは、どの銀行でもいいというわけではありません。 あなたの状況に合わせて、銀行を選んで申し込まないとダメなのです。 むやみやたらに申し込んでも断られるだけです。 この記事では、事業資金を借りるときの […]