「税務調査対策」の記事一覧

国税に「高額」と否認された取締役会長の役員報酬が「適正」と認められた理由

この記事で紹介するのは、長期入院していた取締役会長の役員報酬が、税務調査で「不相当に高額」と指摘されて、その後の国税不服審判所の裁決で「適正」と認められた事例です。 国税の否認の理由としては、長期入院が続いていため、取締 […]

中古車販売業の社長の役員報酬が「不相当に高額」と判定された事例

この記事でご紹介するのは、中古車販売を営む法人の社長の役員報酬が、「不相当に高額な部分がある」として否認された事例です。 この事例で特徴的なのは、社長の業務の範囲が同業の役員と比べても「格別なものの」であるから、高額な役 […]

常勤役員の妻の役員報酬が「不相当に高額」と否認された事例。ポイントは「勤務実態」

この記事でご紹介するのは、役員の妻の勤務実態に比べ、役員報酬に「高額な部分がある」と否認された事例です。 国税不服審判所の裁決の結果、妻の勤務実態は、常勤役員でなく非常勤役員とされ、非常勤役員としての報酬を上回る部分を否 […]

【決定版】外注費と給与の違いが丸わかり!国税庁の判定基準を徹底解説

消費税は10%になり、社会保険料の負担が会社の利益を圧迫する中、業務の一部を外注化することをお考えの企業も多くあるはずです。 しかし、そこで問題になるのが、税務上の「外注費」と「給与」の違いです。 「外注費」と「給与」の […]

事業を分割するときの注意点!妻の事業が夫の事業(眼科医院)の収益と否認された事例

この記事で紹介するのは、眼科医の妻が営むコンタクトレンズ販売事業(以下、コンタクトレンズ事業)の収益が、その夫である眼科医の収益になるのかどうかで争われた事例です。 眼科医院の院長である夫(以下、院長)は、妻のコンタクト […]