「税務調査対策」の記事一覧

副業やパートをしたときの青色事業専従者給与は経費になるか?「専ら事業に従事した期間」について解説

青色事業専従者への給与を経費と認めてもらうためには、「専ら事業に従事した期間」が「その年を通じて6か月以上」という縛りがあります。 しかし、青色事業専従者が副業やパートで収入を得ていた場合は、その期間は「専ら従事していた […]

不動産所得の罠。「事業」規模でなければ青色事業専従者の給与は経費にならない

不動産賃貸業を営んでいる個人事業主が、配偶者や一緒に暮らしている家族を青色事業専従者として届ければ、その給与を必要経費にすることができます。 しかしこの場合、青色事業専従者に支払う給与を経費にするためには、不動産賃貸業の […]

青色事業専従者の「専ら事業に従事」を判定する基準とは?

青色事業専従者に支払う給与を経費にするための要件には、「専ら青色申告者の営む事業に従事する親族」とあります。 「専ら事業に従事する」とは、その年を通じて「6か月以上」従事することになりますが、では「専ら」とはどのような状 […]

青色事業専従者給与の「適正額」の判定基準とは?適正金額を決める考え方を解説

青色申告の個人事業主が家族へ給料を支払う場合、「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出すれば、全額を経費にすることができます。 白色申告の専従者控除だと、配偶者で86万円、その他親族は1人当たり50万円ですから、「青色 […]

管理委託方式の「管理料」が不動産所得の必要経費に認められなかった理由

不動産賃貸業を営む個人が、その不動産の賃貸物件の管理業務を、親族または自分が経営する会社に委託することがあります。 いわゆる法人を活用した「管理委託方式」で、その目的には節税があります。 しかし、委託した管理会社の業務内 […]

相続人が受取った「死亡退職金」が「退職金にあたらない」とされた否認の理由とは?

この記事で紹介するのは、遺族が死亡退職金として受取ったお金が、退職金と認められず、死亡保険金と否認された事例です。 死亡退職金と死亡保険金で「何が違うんだ?」と思われるかもしれませんが、遺族にしてみれば、退職金に認められ […]

節税対策に利用したハーフタックスプラン(福利厚生プラン)で「受取ってない死亡保険金」に相続税が発生した事例

この記事では、節税対策が原因で余計な税金が発生してしまった事例をご紹介します。 ・受取っていない死亡保険金に相続税が課せられた事例 法人保険を利用した節税に、ハーフタックスプランがあります。 結論からいえば、この節税対策 […]

役員報酬が「著しく低い場合」のリスクを解説。退職金(死亡を含む)・弔慰金に与える影響とは?

役員の退職金を算出する際、役員報酬が極端に低いと、一般的には「1年あたり平均額法」が採用され、適正な役員報酬額に修正されます。 しかし今回ご紹介するケースでは、別な方法が採られ、役員の最終報酬月額が決定されました。 これ […]

社長→会長と分掌変更したときの役員退職金の取り扱いとは?否認されないポイントを解説

退職金は「退職した」という事実があってはじめて退職金として認められます。 退職という事実がなければ、退職金を否認されてしまいます。 しかし例外として、「社長」から権限のない「会長」などに役職を変更した場合(これを分掌変更 […]

3つの事例で考える役員退職金の「役員在職期間」の判断基準とは?個人事業時代は含める?

役員の退職金を計算する際の「在職期間」は、一般的に、その法人に役員として在籍した期間が対象です。 一見揉めそうにない明確な基準ですが、ときに在職期間を巡って争われる事例があります。 この記事では、役員退職金の「在職期間」 […]

税務上、役員退職金の支給になぜ「株主総会の決議」が必要なのか?

役員への退職金は、定款に定めのないときは、「株主総会の決議」が必要になります。 通常は、退職金規程を定款に定めてないことがほとんどですから、大半は株主総会で決定されます。 これは税務上も同じで、株主総会の決議を経ないで支 […]