「資金繰り対策」の記事一覧

会社設立するなら知っておきたい「有限責任」と「無限責任」の違いとは?

考えたくもないことですが、もし会社が倒産した場合、負債の責任がどこまで問われるかを知っておくことは重要です。 それが再スタートの際に大きく影響してくるからです。 さらに経営者が会社の借入れの連帯保証人になっているのであれ […]

今日からはじめる資金繰り超改善術16選

資金繰り改善は事業存続に関わる問題です。 一般的に売上を伸ばせば資金繰りは改善すると思われがちですが、黒字倒産という言葉もあるように、会社は売上があっても資金繰りに詰まってしまえばあっけなく倒産してしまいます。 ・これが […]

社長を悩ます役員借入金と役員貸付金のメリット・デメリットを徹底検証!

社長と会社の間のお金のやり取りは、主に税金と銀行融資に影響してきます。 そう、「役員借入金」と「役員貸付金」のことです。 社長ならご存知のように、たとえ社長といえど、会社のお金を勝手に持ち出してはいけませんし、自分のお金 […]

賢い社長の経費の使い方。経費を制する社長が手取りを増やす

社長の手取りを増やすには、2つのルートがあります。 一つは、会社に残したお金を、いかに税・社会保険料のかからないルートで所得移転するか。 もう一つは、個人で購入していたものを、会社の経費で落とせないか。 この2つです。 […]

社長の給与を高くするべき2つの理由

社長の給与は、社長のためだけにあらず。 会社のことを考えたなら、ある程度の高設定にしておくべきです(本業が赤字にならない程度。赤字なら下げるべきですが)。 なぜなら、社長の給与は いざというときの確実な資金調達の方法にな […]

その消費税節税対策は大丈夫?外注費を給与にされない5つのポイント

外注費を消費税対策として利用している企業は多いでしょう。 外注費は、消費税の課税取引の対象です。 それに対し、従業員に支払う給与は、消費税の課税対象から外れます。 そのため、同じ人件費を支払うなら、外注先へ委託した方が消 […]

知らないと危ない社長のキャッシュ対策

「社長の給料は、個人と法人、どちらに残した方が得か?」社長であれば必ず考える悩みです。 「率」で考えるなら、個人より法人に残した方が手元キャッシュは増えます。 しかし、法人のお金には、基本「法人のことにしか使えない」とい […]

売上は上がっても資金繰りが改善しない理由

利益を無視して売上アップに走ると資金繰りに詰まります。 会社の存続は、キャッシュのあるなしで決まりまるもので、売上の多寡では決まりません。 売上が減ってもキャッシュを確保できれば、状態の良し悪しはありますが、とにもかくに […]

ガッツリ増やす社長の役員退職金完全マニュアル

退職金には、大きな税制優遇があります。 受取る側は老後の生活資金となりますので、まともに所得税をかけられて、半分近くを税金で持っていかれてしまうと大変なことになります。 それだけに、退職金には、他にないぐらいの優遇措置が […]

節税の甘い罠。その法人保険は本当に必要か?

法人保険は節税目的で使われることが多い金融商品です。 しかし、ただ単に「利益が出たから加入した」では、無駄なキャッシュアウトが起きるだけで、返って経営資源の無駄遣いになります。 会社のお金の使い道には、経営者の戦略意図が […]

会社の連帯保証から社長のご家族を守る方法

中小・零細企業の社長は、会社の負債を個人で保証していることが多々あります。 もし社長の身に万が一が起こった場合、多額の債務が残っていれば、相続を放棄しない限り、残されたご家族がこの負債を引き継ぐことになります。 財産だけ […]

社長の自宅を社宅にしてキャッシュを最大化する全手法

社長の持ち家を会社に売却することで、社宅として安い家賃で住むことができます。 持ち家を売る以外でも、会社が社長の自宅を社宅として建てれば(会社名義)、会社に家賃を支払うことで社宅として住むことができます。 家賃は一部負担 […]

個人事業主と法人どちっがお得?!メリット・デメリット徹底比較

個人事業の売上がある程度増えたところで考えるのが、法人設立です。 「個人と法人では、手取り収入が増えるのはどっちなのだろうか?」 そんな疑問があったら、ぜひこの記事をお読みください。 この記事で、個人事業主のメリット・デ […]