「社長の手取りを増やす方法」の記事一覧

社長のお金が貯まるファイナンシャルプランニング。社長だからこそ、ライフプランの見直しを

社長にこそライフプランの見直しが必要です。 社長が個人資産を貯めておくことは、会社を防衛するために重要な財務戦略です。 だからこそ役員報酬の見直しをして、社長の手取り収入を増やしておかないといけないわけですが、にもかかわ […]

営業マンは教えてくれない「お金が残る」生命保険有効活用法

生命保険は非常に使える金融商品です。 お金を残したいなら、保険を有効活用しましょう。 生命保険は必要か? 「生命保険は本当に必要?データから考える」という記事がありました。 ・生命保険は本当に必要?データから考える この […]

退職間近に役員報酬を上げるリスクをご存じ?

退職金の損金対策のため、退職間際に「急に」役員報酬を上げるケースがあります。 これは税務署と揉める一因になり、極力に避けなくてはいない行為です。 退職を考える年齢になったら、段階的に役員報酬を上げて、「役員報酬を上げたこ […]

一人社長の最適な役員報酬の決め方とは?

一人社長が役員報酬を決める場合、どの額が適正といえるでしょう。 これに対する解は、「人それぞれ」としかいえませんが、役員報酬を決める際のポイントは、社長が何に主眼を置くかで決まります。 それは要約すると、個人にお金を残す […]

期の途中で役員報酬を変更したいときの方法を解説

「役員報酬を期の途中で見直したい」、そんなときも事業を行っていればあります。 事業が好調で利益が多く出そうだ、反対に売上が下がって赤字になってしまう、こんな状況になれば、役員報酬を変更して利益調整できないかと、考えるのも […]

配偶者への役員報酬は会社倒産時のリスク対策になる

配偶者に役員報酬を支払うことで、節税以外にも万が一のリスク対策を行えます。 万が一のリスク対策とは、会社が倒産してしまったときの財産についてです。 倒産により社長自身が個人財産を失ってしまっても、配偶者の財産は差し押さえ […]

【保存版】10倍得する社長の法人クレカ徹底活用術

支払いを法人クレジットカードで行うことは、業務の簡素化や資金繰り改善など、会社はメリットを受けられます。 実はそれ以外にも、社長個人に恩恵をもたらしてくれるのです。 法人クレカで支払いをしながら、社長にボーナス支払われる […]

妻や家族を役員にするデメリット

妻や家族を役員にして所得分散を考えるオーナー社長は多いかと思います。 社長一人で役員報酬を受け取るより、奥様と二人で分けた方が、給与所得控除を2人分受けられる、所得税率が下がるといったメリットがあり、節税効果が生まれます […]

配偶者の役員報酬は二次相続対策になる。短期の節税対策だけで考えない

配偶者(夫または妻)を役員にして、役員報酬を支払うことで所得分散になり、トータルで所得税を低く抑えることができます。 社長一人で1000万円の役員報酬を受け取るよりも、配偶者と分割して受け取った方が、家族単位での手取りは […]

社長の役員報酬の決め方は「手残り」だけでなく「利便性」も考慮する

会社にお金を残すか、それとも個人にお金を残すか、社長なら一度は悩む問題です。 これは詰まるところ、税負担が最小になるにはどっちに残すのが良いか、ということになります。 最近では社会保険料の負担も重くなっていますので、手残 […]

【特集】確実にお金を増やす社長の資産倍増法

オーナー社長はお金を貯めることが「命題」 オーナー社長にとってお金を増やすことは「命題」といっても過言ではありません。 事業を行っていれば運転資金の確保でお金は常に必要です。 さらに会社が万が一のことがあれば、個人資産か […]

社長が知っておきたい役員借入金の処理方法と注意点

役員借入金をご存じでしょうか? 役員借入金とは、オーナー社長が個人マネーで会社に貸し付けるお金のことです。 役員借入金はすぐには問題となりませんが、いずれ解消しておかなくてはいけない問題です。 なぜなら役員借入金はオーナ […]

名義預金対策にもなる妻や子供に役員報酬を支払うメリット

妻や子供を役員にするメリットは、主に所得分散による節税効果があります。 それ以外にも退職金を支給でき、非課税枠の大きな恩恵を受けることができます。 社長一人では増やすことにも限度がある手取り額を、家族単位で増やす効果があ […]

社長の老後資金を残すには退職金リスクにしっかり備える

退職金は老後の資金を支える貴重な財源です。 国の年金財政がすでにあてにならないことは、少子高齢化、人口減少、年金の支給年齢の引き上げ、在職老齢年金の廃止案などを考えると、現実のものとなっています。 公的年金だけに頼ると老 […]