「社長の手取りを増やす方法」の記事一覧

期の途中で役員報酬を変更したいときの方法を解説

社長の手取りを増やす方法 節税対策

「役員報酬を期の途中で見直したい」、そんなときも事業を行っていればあります。 事業が好調で利益が多く出そうだ、反対に売上が下がって赤字になってしまう、こんな状況になれば、役員報酬を変更して利益調整できないかと、考えるのも・・・

【緊急レポート】今すぐ節税・社保削減したい社長のための極秘マニュアル

社長の手取りを増やす方法

節税効果もあって社会保険料削減になるといえば、出張旅費規定があります。 社長が手取り収入を増やしたいなら、すぐにでも導入しておきたいのが出張旅費規程です。 旅費規程は臨時株主総会を開けば、決算月を待たなくても導入すること・・・

配偶者の役員報酬は二次相続対策になる。短期の節税対策だけで考えない

社長の手取りを増やす方法

配偶者(夫または妻)を役員にして、役員報酬を支払うことで所得分散になり、トータルで所得税を低く抑えることができます。 社長一人で1000万円の役員報酬を受け取るよりも、配偶者と分割して受け取った方が、家族単位での手取りは・・・

社長の役員報酬の決め方は「手残り」だけでなく「利便性」も考慮する

社長の手取りを増やす方法

会社にお金を残すか、それとも個人にお金を残すか、社長なら一度は悩む問題です。 これは詰まるところ、税負担が最小になるにはどっちに残すのが良いか、ということになります。 最近では社会保険料の負担も重くなっていますので、手残・・・

ページの先頭へ