「社長の手取りを増やす方法」の記事一覧

配偶者の役員報酬は二次相続対策になる。短期の節税対策だけで考えない

社長の手取りを増やす方法

配偶者(夫または妻)を役員にして、役員報酬を支払うことで所得分散になり、トータルで所得税を低く抑えることができます。 社長一人で1000万円の役員報酬を受け取るよりも、配偶者と分割して受け取った方が、家族単位での手取りは・・・

社長の役員報酬の決め方は「手残り」だけでなく「利便性」も考慮する

社長の手取りを増やす方法

会社にお金を残すか、それとも個人にお金を残すか、社長なら一度は悩む問題です。 これは詰まるところ、税負担が最小になるにはどっちに残すのが良いか、ということになります。 最近では社会保険料の負担も重くなっていますので、手残・・・

高額な役員報酬の否認に備えた社長の手取りを増やすスキーム

社長の手取りを増やす方法

お金を会社に残すべきか、それとも個人へ移すべきか、社長なら一度は考えたことのある問題です。 税率だけを考えたら、個人に移すより会社にお金を残した方が手元キャッシュは増えます。 最近では税に加えて社会保険料の負担も重くなり・・・

社保料削減スキームを組合わせて子や配偶者への所得分散で手取りを増やす方法

社会保険料を削減する方法 社長の手取りを増やす方法

個人事業主・不動産オーナーが法人を設立するメリットは税金の抑制効果です。 税金の減る理由に、役員給与の支給による所得分散が挙げられますが、最近では社会保険料の負担も大きくなっています。 所得の分散効果を見る場合は、税金の・・・

賢い社長の経費の使い方。経費を制する社長が手取りを増やす

社長の手取りを増やす方法 資金繰り対策

社長の手取りを増やすには、2つのルートがあります。 一つは、会社に残したお金を、いかに税・社会保険料のかからないルートで所得移転するか。 もう一つは、個人で購入していたものを、会社の経費で落とせないか。 この2つです。 ・・・

ガッツリ増やす社長の役員退職金完全マニュアル

社長の手取りを増やす方法 資金繰り対策

退職金には、大きな税制優遇があります。 受取る側は老後の生活資金となりますので、まともに所得税をかけられて、半分近くを税金で持っていかれてしまうと大変なことになります。 それだけに、退職金には、他にないぐらいの優遇措置が・・・

絶対得する社長の不動産の使い方~土地建物を会社に貸してお金を増やす~

社長の手取りを増やす方法

個人の不動産を会社に貸すことで、節税することができます。 不動産を所有しているなら、それが節税に活用できないか検討してみましょう。 会社に個人の不動産を賃貸することは、節税はもとより、それ以外にもさまざまなメリットがあり・・・

ページの先頭へ