「社会保険料を削減する方法」の記事一覧

法人と役員の業務委託契約は危険!外注費は否認の可能性大

社会保険料を削減する方法 節税対策

給与でなく外注費として報酬を支払えば、 法人・個人と共に社会保険料の負担がなくなる 消費税の課税取引なって消費税対策になる というメリットを受けられます。 役員の社会保険料の負担が重い場合、役員報酬ではなく「一部を業務委・・・

【消費税・社会保険料対策】知らないと怖い業務委託契約の事実

社会保険料を削減する方法 節税対策

消費税・社会保険料対策で「業務委託契約」の導入をご検討ならこの記事をお読みください。 あるいは、すでに「業務委託契約」を導入している方にとっても役立つ記事です。 安易な業務委託契約を導入すると、とんでもないしっぺ返しがあ・・・

役員報酬をゼロ円にする影響とは?社会保険料や税金について解説

社会保険料を削減する方法 節税対策

会社の事情があって役員報酬を「ゼロ」としたいときもあるでしょう。 起業当初や売上が激減していて収入の目途がつかない、社会保険料の負担が重いといったときです。 役員報酬を支給すれば、所得税・住民税・社会保険料の負担が発生し・・・

事前確定届出給与を使った役員賞与で社会保険料を削減するスキームのメリット・デメリットを解説

社会保険料を削減する方法

社会保険料は「賞与」を使って削減することができます。 賞与に対する社会保険料は、「この額までしか社保の対象にならない」という上限が設けられているため、賞与が一定額を超えと社会保険料もそれ以上増えないようになっています。 ・・・

法人クレジットカードのポイントを個人が利用したら社会保険の対象になるか調べてみた結果

社会保険料を削減する方法

法人クレジットカードのポイントを個人が利用した場合、税金の面でいえば、グレーゾーンが存在し、実質非課税手当になってしまいます。 あるいは法人からの贈与と考えて、一時所得で処理した場合も、50万円以下のポイントであれば、こ・・・

個人事業主が社会保険の対象になる基準とは?ポイントは従業員が5人以上

社会保険料を削減する方法

個人事業主が従業員を雇う場合、社員数や業種によっては社会保険の加入しなくてはいけないことがあります。 社会保険料は年々負担が重くなり、現在は労使折半で約30%にもなります。 個人事業主側にとっても社会保険加入で負担が生じ・・・

社保料削減スキームを組合わせて子や配偶者への所得分散で手取りを増やす方法

社会保険料を削減する方法 社長の手取りを増やす方法

個人事業主・不動産オーナーが法人を設立するメリットは税金の抑制効果です。 税金の減る理由に、役員給与の支給による所得分散が挙げられますが、最近では社会保険料の負担も大きくなっています。 所得の分散効果を見る場合は、税金の・・・

社長の自宅を社宅にしてキャッシュを最大化する全手法

社会保険料を削減する方法 社長の手取りを増やす方法 資金繰り対策

社長の持ち家を会社に売却することで、社宅として安い家賃で住むことができます。 持ち家を売る以外でも、会社が社長の自宅を社宅として建てれば(会社名義)、会社に家賃を支払うことで社宅として住むことができます。 家賃は一部負担・・・

【保存版】節税と社会保険料が削減できる借上げ社宅活用ガイド

社会保険料を削減する方法 社長の手取りを増やす方法

借上げ社宅制度を利用すれば、節税対策とと社会保険料を削減することができます。 借上げ社宅制度は福利厚生の一環で、社員だけに使えると思われがちですが、社長にも適用することができますので、税金と社会保険料の負担にお悩みなら、・・・

社長の妻を非常勤役員にする6つのメリット

社会保険料を削減する方法 社長の手取りを増やす方法

中小企業の社長が、親族を(主に奥様)非常勤役員にするメリットは主に6つあります。 非常勤役員には、常勤役員とは違ったメリットがあります。 妻を役員にする4つのメリット。社長の手取りはこうして増える メリット1・役員報酬が・・・

ページの先頭へ