「社長の手取りを増やす方法まとめ」の記事一覧

【緊急レポート】今すぐ節税・社保削減したい社長のための極秘マニュアル

社長の手取りを増やす方法

節税効果もあって社会保険料削減になるといえば、出張旅費規定があります。 社長が手取り収入を増やしたいなら、すぐにでも導入しておきたいのが出張旅費規程です。 旅費規程は臨時株主総会を開けば、決算月を待たなくても導入すること・・・

法人クレジットカードのポイントを個人が利用したら社会保険の対象になるか調べてみた結果

社会保険料を削減する方法

法人クレジットカードのポイントを個人が利用した場合、税金の面でいえば、グレーゾーンが存在し、実質非課税手当になってしまいます。 あるいは法人からの贈与と考えて、一時所得で処理した場合も、50万円以下のポイントであれば、こ・・・

会社設立するなら知っておきたい「有限責任」と「無限責任」の違いとは?

資金繰り対策

考えたくもないことですが、もし会社が倒産した場合、負債の責任がどこまで問われるかを知っておくことは重要です。 それが再スタートの際に大きく影響してくるからです。 さらに経営者が会社の借入れの連帯保証人になっているのであれ・・・

配偶者の役員報酬は二次相続対策になる。短期の節税対策だけで考えない

社長の手取りを増やす方法

配偶者(夫または妻)を役員にして、役員報酬を支払うことで所得分散になり、トータルで所得税を低く抑えることができます。 社長一人で1000万円の役員報酬を受け取るよりも、配偶者と分割して受け取った方が、家族単位での手取りは・・・

個人事業主が社会保険の対象になる基準とは?ポイントは従業員が5人以上

社会保険料を削減する方法

個人事業主が従業員を雇う場合、社員数や業種によっては社会保険の加入しなくてはいけないことがあります。 社会保険料は年々負担が重くなり、現在は労使折半で約30%にもなります。 個人事業主側にとっても社会保険加入で負担が生じ・・・

社長の役員報酬の決め方は「手残り」だけでなく「利便性」も考慮する

社長の手取りを増やす方法

会社にお金を残すか、それとも個人にお金を残すか、社長なら一度は悩む問題です。 これは詰まるところ、税負担が最小になるにはどっちに残すのが良いか、ということになります。 最近では社会保険料の負担も重くなっていますので、手残・・・

ページの先頭へ