「社長の手取りを増やす方法まとめ」の記事一覧

法人と役員の業務委託契約は危険!外注費は否認の可能性大

社会保険料を削減する方法 節税対策

給与でなく外注費として報酬を支払えば、 法人・個人と共に社会保険料の負担がなくなる 消費税の課税取引なって消費税対策になる というメリットを受けられます。 役員の社会保険料の負担が重い場合、役員報酬ではなく「一部を業務委・・・

【消費税・社会保険料対策】知らないと怖い業務委託契約の事実

社会保険料を削減する方法 節税対策

消費税・社会保険料対策で「業務委託契約」の導入をご検討ならこの記事をお読みください。 あるいは、すでに「業務委託契約」を導入している方にとっても役立つ記事です。 安易な業務委託契約を導入すると、とんでもないしっぺ返しがあ・・・

役員報酬をゼロ円にする影響とは?社会保険料や税金について解説

社会保険料を削減する方法 節税対策

会社の事情があって役員報酬を「ゼロ」としたいときもあるでしょう。 起業当初や売上が激減していて収入の目途がつかない、社会保険料の負担が重いといったときです。 役員報酬を支給すれば、所得税・住民税・社会保険料の負担が発生し・・・

期の途中で役員報酬を変更したいときの方法を解説

社長の手取りを増やす方法 節税対策

「役員報酬を期の途中で見直したい」、そんなときも事業を行っていればあります。 事業が好調で利益が多く出そうだ、反対に売上が下がって赤字になってしまう、こんな状況になれば、役員報酬を変更して利益調整できないかと、考えるのも・・・

事前確定届出給与を使った役員賞与で社会保険料を削減するスキームのメリット・デメリットを解説

社会保険料を削減する方法

社会保険料は「賞与」を使って削減することができます。 賞与に対する社会保険料は、「この額までしか社保の対象にならない」という上限が設けられているため、賞与が一定額を超えと社会保険料もそれ以上増えないようになっています。 ・・・

【緊急レポート】今すぐ節税・社保削減したい社長のための極秘マニュアル

社長の手取りを増やす方法

節税効果もあって社会保険料削減になるといえば、出張旅費規定があります。 社長が手取り収入を増やしたいなら、すぐにでも導入しておきたいのが出張旅費規程です。 旅費規程は臨時株主総会を開けば、決算月を待たなくても導入すること・・・

法人クレジットカードのポイントを個人が利用したら社会保険の対象になるか調べてみた結果

社会保険料を削減する方法

法人クレジットカードのポイントを個人が利用した場合、税金の面でいえば、グレーゾーンが存在し、実質非課税手当になってしまいます。 あるいは法人からの贈与と考えて、一時所得で処理した場合も、50万円以下のポイントであれば、こ・・・

会社設立するなら知っておきたい「有限責任」と「無限責任」の違いとは?

資金繰り対策

考えたくもないことですが、もし会社が倒産した場合、負債の責任がどこまで問われるかを知っておくことは重要です。 それが再スタートの際に大きく影響してくるからです。 さらに経営者が会社の借入れの連帯保証人になっているのであれ・・・

配偶者の役員報酬は二次相続対策になる。短期の節税対策だけで考えない

社長の手取りを増やす方法

配偶者(夫または妻)を役員にして、役員報酬を支払うことで所得分散になり、トータルで所得税を低く抑えることができます。 社長一人で1000万円の役員報酬を受け取るよりも、配偶者と分割して受け取った方が、家族単位での手取りは・・・

ページの先頭へ