「社長の手取りを増やす方法」の記事一覧

社長の老後資金を残すには退職金リスクにしっかり備える

退職金は老後の資金を支える貴重な財源です。 国の年金財政がすでにあてにならないことは、少子高齢化、人口減少、年金の支給年齢の引き上げ、在職老齢年金の廃止案などを考えると、現実のものとなっています。 公的年金だけに頼ると老 […]

高額な役員報酬の否認に備えた社長の手取りを増やすスキーム

お金を会社に残すべきか、それとも個人へ移すべきか、社長なら一度は考えたことのある問題です。 税率だけを考えたら、個人に移すより会社にお金を残した方が手元キャッシュは増えます。 最近では税に加えて社会保険料の負担も重くなり […]

社保料削減スキームを組合わせて子や配偶者への所得分散で手取りを増やす方法

個人事業主・不動産オーナーが法人を設立するメリットは税金の抑制効果です。 税金の減る理由に、役員給与の支給による所得分散が挙げられますが、最近では社会保険料の負担も大きくなっています。 所得の分散効果を見る場合は、税金の […]

賢い社長の経費の使い方。経費を制する社長が手取りを増やす

社長の手取りを増やすには、2つのルートがあります。 一つは、会社に残したお金を、いかに税・社会保険料のかからないルートで所得移転するか。 もう一つは、個人で購入していたものを、会社の経費で落とせないか。 この2つです。 […]

ガッツリ増やす社長の役員退職金完全マニュアル

退職金には、大きな税制優遇があります。 受取る側は老後の生活資金となりますので、まともに所得税をかけられて、半分近くを税金で持っていかれてしまうと大変なことになります。 それだけに、退職金には、他にないぐらいの優遇措置が […]

絶対得する社長の不動産の使い方~土地建物を会社に貸してお金を増やす~

個人の不動産を会社に貸すことで、節税することができます。 不動産を所有しているなら、それが節税に活用できないか検討してみましょう。 会社に個人の不動産を賃貸することは、節税はもとより、それ以外にもさまざまなメリットがあり […]

社長の自宅を社宅にしてキャッシュを最大化する全手法

社長の持ち家を会社に売却することで、社宅として安い家賃で住むことができます。 持ち家を売る以外でも、会社が社長の自宅を社宅として建てれば(会社名義)、会社に家賃を支払うことで社宅として住むことができます。 家賃は一部負担 […]

【保存版】節税と社会保険料が削減できる借上げ社宅活用ガイド

借上げ社宅制度を利用すれば、節税対策とと社会保険料を削減することができます。 借上げ社宅制度は福利厚生の一環で、社員だけに使えると思われがちですが、社長にも適用することができますので、税金と社会保険料の負担にお悩みなら、 […]

【完全ガイド】最適な社長の役員報酬額の決め方

「最適な役員報酬とは一体いくらなのか?」 あなたが社長(オーナー経営者)なら、一度はそんな悩みを持ったことがあるかもしれません。 とどのつまり、この疑問の知りたいことは、「会社と個人を合わせて一番税負担が少なくなるのはい […]

妻を役員にする5つのメリット。社長の手取りはこうして増える

奥様を役員にすることで得られる経済的メリットは、意外に大きいです。 今回は妻を役員にする3つのメリットを解説します。 家族経営の会社で、奥様を役員にするよくあるパターンは、所得分散を図るためが大きな理由です。 所得税は累 […]

「会社の連帯保証」で社長の手取りを増やす方法

「連帯保証人」がお金になる?! 会社の連帯保証人になっているなら、会社から「保証料」を受取ることで、社長の手取りを増やすことができます。 会社の連帯保証人、何とも嫌な響きですが、銀行から融資を受ける際、求められれば応じな […]

社長の妻を非常勤役員にする6つのメリット

中小企業の社長が、親族を(主に奥様)非常勤役員にするメリットは主に6つあります。 非常勤役員には、常勤役員とは違ったメリットがあります。 妻を役員にする5つのメリット。社長の手取りはこうして増える メリット1・役員報酬が […]

節税効果バツグン!社長の「出張旅費規程」完全ガイド

出張で社長の「お金が残らない」悩みを解消 「稼いでもお金が残らない」社長の頭を悩ます問題です。 その上さらに、法人税や負担感を増す社会保険料を支払わなくてはいけません。 以前にも増して、「手元のキャッシュを少しでも増やし […]