「人件費対策」の記事一覧

2020年以降、資金調達能力を上げないと会社が生き残れない理由

社会保険料の負担、消費税の10%増税と続き、人手不足による人件費高騰、同一労働同一賃金と、会社にキャッシュが残らない環境は今後ますます加速していきます。 これを売上だけで乗り切れる企業は、そう多くないと思われます。 企業 […]

2020年の給与所得控除縮小で、社員・役員さんの社会保険料見直しが必要になる

社員さんや役員さんの中にも、「手取りを増やしたい」というニーズはあります。 とくに高額な給与を受取っているほど、税や社会保険料の負担感は大きくなります。 2020年からは給与所得控除は削減され、850万円以上給与収入があ […]

インボイス制度で業務委託の消費税の仕入れ控除ができなくなる可能性が

2023年10月より消費税のインボイス制度が導入される予定です。 少し調べた社長なら、インボイスの影響がとてつもなく大きいことはご理解されていると思いますが、人件費対策で業務委託契約を導入しているビジネスは要注意です。 […]

パート労働者の社会保険適用対象企業が「51名以上」に引き下げ。企業の社会保険料対策はどうなる?

政府が検討する公的年金改革案で、パート労働者への厚生年金の適用拡大について、「従業員501人以上」としている企業規模要件を「51人以上」に引き下げる方向で最終調整に入ることがわかりました。 この引き下げにより、厚生年金の […]

役員になるメリットってある?役員に誘われたら読む記事

以前ご相談の中で、「社長(夫)から役員になってくれないか?」と誘われているが、「役員になるメリットてありますか?」というご相談がありました。 仮にご主人以外の会社の従業員なら、それを辞めてまで役員になるメリットはあるのか […]

人件費負担削減!同一労働同一賃金で活用したい「所得拡大促進税制」とは

中小企業は2021年4月より同一労働同一賃金がスタートします。 これにより企業の賃金負担はこれまで以上に増えることになります。 そんなとき利用したいのが「助成金」と「所得拡大促進税制」です。 助成金は非正規社員や正社員の […]

起業したら配偶者の扶養になる?ならない?税金と社会保険の扶養の範囲を徹底解説

起業すれば社会保険や税金について取り扱いが変わります。 法人か個人事業主かでもかわりますが、ご自分の生活の関わることですから、社会保険や税金がどうなるかはきちんと把握しておきたいところです。 その一つに「扶養の範囲」があ […]

同一労働同一賃金でパートタイムの社会保険料加入義務はどうなる?

同一労働同一賃金がはじまると、同じ職務内容であればパートの賃金を正社員並みに上げる必要があります。 このとき社会保険料はどうなるでしょう。 賃金がアップすれば、パートタイムの方は社会保険料の対象になるのでしょうか? 賃金 […]

30万円の給与を支払うといくら社会保険料が発生するのか?

人を雇うと給与以外にコストがかかります。 法定福利費のことです。 法定福利費とは、法律で定められた従業員の社会保険料の会社負担分です。 人を雇えば、会社は法定福利費を労使で折半や全額負担などで支払わなくてはいけないため、 […]

導入前に知っておくべき福利厚生制度のメリット・デメリット。

社員定着・新卒採用などのために福利厚生制度の導入を考えられている企業もあるでしょう。 人手不足が進む昨今、福利厚生制度の手厚さは企業のアピールポイントの一つになります。 福利厚生制度のある企業とない企業では、やはり魅力あ […]

課税される福利厚生費、課税されない福利厚生費、そのポイントとは?

あなたは従業員に支払う福利厚生費は、すべて全額経費扱いになると勘違いされていませんか? 福利厚生費といえど全部経費にできるわけではありません。 福利厚生費には、課税対象になるものと課税対象になるものがあります。 福利厚生 […]

在宅勤務者にタブレットを支給したら給与?それとも経費?

従業員や在宅勤務者の給与・経費の取り扱いについて解説します。 この記事でわかること 従業員や在宅勤務者にタブレットを支給した場合、「給与」になるのか?それとも「経費」になるのか? 在宅勤務者の経費は給与で支払うべきか経費 […]

業務委託契約が「社会保険料の対象にならない」ための12の基準

コストカットのために社員として雇用契約をするのではなく、個人事業主として業務委託契約を行うことがあります。 業務委託契約を交わすことにより、所得税の源泉徴収、社会保険料の支払い義務がなくなり、さらに消費税の課税取引となる […]