「事業承継対策まとめ」の記事一覧

遺留分で揉めないために。お金で解決する「遺留分減額請求権」を理解する

民法の相続法改正に伴い遺留分が金銭で請求できるようになりました。 これにより遺留分に備えて相続財産の一部をお金で用意する必要が出てきました。 たとえば相続財産が、不動産、事業資産など、お金でない場合、これらの相続財産を受 […]

固定資産税が6倍に?!空き家と固定資産税の関係とは?

住んでいる建物を取り壊すと「固定資産税が6倍になる」というお話を聞いたことはありませんか? 実際、居住用の建物を取り壊すと、6倍でなくても、2倍~4倍に増えてしまいます。 「今住んでいる住宅を取り壊す予定はない」という方 […]

相続人を苦しめる相続放棄後の「管理義務」とは?負動産はどこまでも追ってくる

相続には「相続放棄」という方法があります。 これはお亡くなりになった人(被相続人)が持つ、借金などのマイナス財産が、持ち家や貯金などのプラスの財産より多い場合に、プラスの相続を全部放棄する代わりに、マイナスの財産もチャラ […]

中小企業経営者に認知症対策のススメ。認知症発症に潜む経営リスクとは?

人の寿命が伸びると共に、認知症というリスクも大きくなりました。 経営者が何も対策をしないで認知症になってしまった場合、その影響はかなり深刻です。 銀行口座の凍結など、事業継続に支障が出るのはもちろんのこと、相続や事業承継 […]

利益を生まない不良固定資産が経営効率にも事業承継にも悪影響を及ぼす

経営の定石では、無駄な固定資産を持つことは避けるべきとされています。 収益を生む固定資産なら別ですが、お金を稼がない固定資産(遊休不動産など)は、大飯喰らいのただ飯喰らい、ただの金喰い物件となり、経営の足を引っ張るだけの […]

役員貸付金・回収見込のない売掛金・売れない在庫が事業承継の足かせになる

役員貸付金や回収見込みのない売掛金、売れない不良在庫など、これらが経営にとってよくないことは誰もが理解できるでしょう。 たしかに貸借対照表上では資産に計上されますが、キャッシュ化できない資産には価値はなく、事実上ほぼ無価 […]

事前確定届け出給与を使った年金復活プランは事業承継の妨げになる

退職金は、個人側では税優遇があり、法人側では大きな損金を作れるというメリットがあります。 個人の税優遇を使えば、節税で会社に貯めたお金を、効率的に社長個人へ所得移転できます。 法人で大きな損失を作れるということは、利益圧 […]

社長の相続財産にある「役員借入金」と「役員貸付金」の相続リスクを知る

社長(被相続人)が亡くなった場合、配偶者や子(相続人)に社長の財産が引き継がれます。 その相続財産の中には、不動産や金融資産、自社株といったプラスの財産のみならず、「負債」も同時に引き継がれます。 会社経営だと、社長が個 […]

外したいのに外せない連帯保証人なしで事業承継する方法

中小企業の多くは、会社の借入に際し、現経営者が個人で連帯保証をしていることがほとんどです。 しかしこの連帯保証が事業承継の妨げとなって、承継そのものがとん挫してしまう危険があります。 そのような事情を受けて国は「経営者保 […]

円満な事業承継には遺留分対策が必要

事業承継において遺留分は、ボトルネックとなることがあります。 事業承継の目的は後継者に経営権と経営資源を集中させることですが、これが他の相続人の相続財産を取得する権利を侵害してしまう怖れがあるのです。 事業承継を行う場合 […]

自社株承継に使う「暦年贈与」「相続時精算課税制度」を詳しく解説

自社株の承継には、贈与、相続、譲渡の3種類の方法があります。 この中で真っ先に活用したいのが贈与です。 贈与の利点は、狙った価格(株価の低い状態)で後継者に移転することができる点です。 つまり、資金計画を立てやすいのが贈 […]

従業員持ち株会で事業承継対策をする方法

従業員持ち株会を設立することで、相続税対策をすることができます。 従業員持ち株会が株式を所有することで、オーナー経営者の持株比率が下がるからです。 それ以外にも従業員持ち株会は、大きな資金負担もなく、比較的簡単にすぐに作 […]

自社株式譲渡の税金と事業承継対策

事業承継時には自社株の譲渡を検討しなくてはいけないケースも出てきます。 自社株譲渡の際の課税は、個人に譲渡するのか法人に譲渡するのかで、株価の算定方法が変わり、課税金額にも違いが出てきます。 この記事では、自社の株式を譲 […]

事業承継の納税資金を準備する方法

中小企業の経営者の場合、個人で持っている資産の大半が自社株や事業用資産の場合が多くあります。 これらを後継者に集中させてしまうと、現金預金や有価証券や自宅不動産などを、他の相続人に分配せねばならず、その結果、後継者が納め […]

事業承継を円滑にする種類株式を活用する方法

会社法では、一定の事項につき権利の異なる株式を発行してもよいとされています。 これを種類株式といいます。 種類株式を活用すれば、後継者に経営権を集中させたり、好ましくない株主を排除できたりすることができます。 この記事で […]