「節税対策」の記事一覧

役員賞与で節税・社会保険料削減をする方法

役員賞与も活用の仕方によっては節税を行うことができます。 最近では社会保険料の負担も重くなってきているため、賞与を使った社保削減スキームを導入する社長も増えています。 ただし役員賞与で節税や社保削減を行う場合は、正しい知 […]

妻や家族に支払う役員報酬はいくらにすればよい?

妻(配偶者)や家族を役員にする場合、報酬をいくらにすればよいか?という疑問が出てきます。 妻や家族に役員報酬を支払う場合には、純粋に妻や家族に報酬を支払いたい、節税のために役員報酬を支払いたいなどの理由があると思います。 […]

飲食代を会議費にして経費で落とす方法

通常、個人で使う飲食代は経費で落ちません。 しかし同じ飲食代でも「会議費」という名目になると、経費で落とすことができます。 これまで自費で支払っていた飲食代も、場合によっては会議費で経費になるかもしれません。 会議費を上 […]

法人のクレジットカードで貯めたポイントを個人が使えば税金はどうなる?

法人のクレジットカード(コーポレートカード)を支払いで使えば、ポイントやマイレージが貯まっていきます。 法人のクレジットカード(コーポレートカード)を支払いで使えば、ポイントやマイレージが貯まっていきます。 法人の支払は […]

法人クレジットカードで納税するとお得が満載!メリット・デメリットを解説

2017年よりクレジットカードによる国税の支払いができるようになりました。 個人事業主、会社経営者がクレジットカードによる国税の支払いができれば、それによりポイントやマイレージが付与されるようになります。 この法人側で貯 […]

役員報酬を下げる前に読む記事

未来の売上を完全に読むことはできません。 期の最初に予想した売上よりも業績が悪く、利益が出ないこともあります。 そんなとき、役員報酬を下げることもやむなしといった状況に陥ることもあるでしょう。 しかしただやみ雲に役員報酬 […]

決算賞与「未払い処理」の罠。きちんと処理しないと所得拡大促進税制に影響します

従業員の給与を前期に比べ1.5%以上増やした場合、「所得拡大促進税制」を受けることができます。 簡単にいうと、前期から増額した給与分から、15%の税額控除を受けられます。※法人税額の20%が上限 従業員の給与を上げれば、 […]

人件費負担削減!同一労働同一賃金で活用したい「所得拡大促進税制」とは

中小企業は2021年4月より同一労働同一賃金がスタートします。 これにより企業の賃金負担はこれまで以上に増えることになります。 そんなとき利用したいのが「助成金」と「所得拡大促進税制」です。 助成金は非正規社員や正社員の […]

青色申告で1円でも多く経費にするために知っておきたいこと

青色申告する場合、「これは経費になるの?」「これは経費にならないの?」とお悩みになることがあると思います。 そこでこの記事では、青色申告の際、「経費になるもの」と「経費にならないもの」の選別の仕方について解説します。 青 […]

損して得する節税法。無駄な資産を売却して得する方法

経営を効率化するためには、無駄な資産を持たず、その分キャッシュの残高を増やすことが大切です。 そのためには貸借対照表の固定資産に計上されているもので、事業とは関係ない有価証券、不動産、ゴルフ会員権などを売却してしまうのも […]

重加算税を回避するために知っておきたいポイント

ご存じだと思いますが、税金にはペナルティがあります。 申告期限までに税金を納付しなかった、納めるべき税金を納付しなかった、こんなときに課せられるペナルティです。 その中に「これは悪質だ」と税務署が認識した場合、「重加算税 […]

永久節税型タイプ!小規模企業共済のメリット・デメリット徹底解説

個人事業主・中小企業の経営者であれば、まず加入を考えておきたいのが「小規模企業共済」です。 小規模企業共済とは、加入要件にある通り、小規模な個人事業主や中小企業の役員等が退職したり事業を廃止した場合などに、それまでの積み […]