「節税対策」の記事一覧

「節税」を成功させるために知っておきたい「脱税」「租税回避」の違いとは?

節税対策

「税金はなるべく支払いを抑えたい」 できるだけ出費を抑えたい思うのは経営者なら当たり前のことです。 税金もその例外ではありません。 しかしいくら税金の支出を抑えたいからと、節税が認められる範囲を超えてしまうと「脱税」や「・・・

法人と役員の業務委託契約は危険!外注費は否認の可能性大

社会保険料を削減する方法 節税対策

給与でなく外注費として報酬を支払えば、 法人・個人と共に社会保険料の負担がなくなる 消費税の課税取引なって消費税対策になる というメリットを受けられます。 役員の社会保険料の負担が重い場合、役員報酬ではなく「一部を業務委・・・

【消費税・社会保険料対策】知らないと怖い業務委託契約の事実

社会保険料を削減する方法 節税対策

消費税・社会保険料対策で「業務委託契約」の導入をご検討ならこの記事をお読みください。 あるいは、すでに「業務委託契約」を導入している方にとっても役立つ記事です。 安易な業務委託契約を導入すると、とんでもないしっぺ返しがあ・・・

役員報酬をゼロ円にする影響とは?社会保険料や税金について解説

社会保険料を削減する方法 節税対策

会社の事情があって役員報酬を「ゼロ」としたいときもあるでしょう。 起業当初や売上が激減していて収入の目途がつかない、社会保険料の負担が重いといったときです。 役員報酬を支給すれば、所得税・住民税・社会保険料の負担が発生し・・・

事前確定届出給与を年2回支給したときに損金になるパターンとならないパターンとは?

節税対策

事前確定届出給与で年2回の役員賞与を支給することもあります。 しかしこのとき、1回目は届け出た額面通りの賞与を支給、2回目は届け出た額面とは違う額を支給した場合、片方だけが損金不算入になるのか、それとも両方損金不算入にな・・・

期の途中で役員報酬を変更したいときの方法を解説

社長の手取りを増やす方法 節税対策

「役員報酬を期の途中で見直したい」、そんなときも事業を行っていればあります。 事業が好調で利益が多く出そうだ、反対に売上が下がって赤字になってしまう、こんな状況になれば、役員報酬を変更して利益調整できないかと、考えるのも・・・

ページの先頭へ