【無料レポ】これで資金繰りに困らない!会社にお金を増やす方法

こんなお悩みありませんか?

「売上げはあるのに支払いが苦しい」

「税金と社会保険料が重い」

「稼いでもお金が残らない」

「月末になると資金繰りがキツくなる」

もし一つでも思い当たるなら、無料レポートをご請求ください。

資金繰り改善のヒントを、8つの方法にまとめました。

きっとお悩み解決に役立ちます。

【無料レポート】会社にお金を増やす方法
お名前  *
メールアドレス  *
メッセージがあればお気軽にどうぞ

資金繰りが苦しくなる理由

冒頭の言葉になりますが、なぜ社長は「売上げはあるのに支払いが苦しい」「税金と社会保険料が重い」「稼いでもお金が残らない」「月末になると資金繰りがキツくなる」といった悩みを抱えてしまうのでしょう?

もちろん原因は一つではありませんが、大きな理由があります。

それは「社長にお金の知識がないこと」です。

ここでいうお金の知識とは、節税といった部分的なことも含めた、経営に対するお金の知識です。

経営のお金の知識なんて、小中高で習うわけではありませんので、当たり前かもしれませんが、社長は売ることは得意でも、お金に対する原理原則の知識が不足しています。

そのため、資金繰りに頭を悩ますことになるのです。

そうです。

たった「知っているか」「知らないか」、その違いでしかないのです。

お金の原理原則を知れば、毎月悩まされていてお金の悩みが、「そういうことだったのか」と腑に落ちて、解決へ向かうことになるでしょう。

今回、その方法8つにまとめ無料レポートにしました。

題して「これで資金繰りに困らない!会社にお金を残す方法」です。

このサイトにお金の悩みの解決法を求めてアクセスしていただいたお礼に、無料でプレゼントいたします。

資金繰り改善のお役に立てればと思います。

レポート内容

方法1・借金経営をする

無借金経営は会社経営者なら誰でもあこがれる経営スタイルです。「毎月借入の返済の心配をしなくてもいい・・・」、あのプレッシャーから解放されることを思えば、あこがれてしまうのも納得です。しかし、断言していいますが、資金繰りを良くしたいなら、無借金経営を目指してはいけません。会社を倒産させたくなかったら、借入をして下さい。その理由はレポートをお読みください。

方法2・売上アップを目指さない

売上が落ちたからといって、早急に売上アップをしようとしてないですか?その売上アップ、実は間違った対策かもしれません。間違った売上アップは、御社の業績を回復させるどころか、逆に首を絞める結果となりかねないのです。売上ダウンのときの売上アップ対策には、正しい方法と順序があります。売上アップを急ぐ前に、この項目をお読みください。

方法3・粗利の高いビジネスをする

粗利が高いビジネスは資金繰りが良く、反対に低いビジネスは資金繰りは悪くなります。このことは肌感覚でお分かりでしょうが、ビジネスとして考えた場合、それを論理的に把握しておくことが大事です。論理的に理解できれば、対処策も具体的で的確な方法を打てます。「売上はあがっているのに資金が足りない・・・」、そんなときはこの状況に陥っている可能性があります。そして、粗利の低いビジネスの資金繰り改善法とは・・・?これを読めば、「資金が足りない」悩みの解決のヒントになります。

方法4・あえて「安売り」をする

資金繰りと御社の営業方針は密接な関係にあります。巷では、客単価アップして利益改善を謳う人は多いですが、これは売上アップという「販促面」の考え方でしかありません。客単価アップすれば利益は改善できることは、誰でもわかることですが、それは担当者レベルの考えです。経営者が考えなくては、その上にある、資金繰りを含めた総合的な営業方針です。自社の資金繰りの状態を考えて、営業方針を打ち出さなくては、売れば売るほど、資金繰りに苦しむことになります。資金繰りを改善できるのは、社長であるあなたしかいません。安易な客単価アップ論に惑わされないで下さい。

方法5・節税をし過ぎ

節税のし過ぎは、無駄なキャッシュアウトを起こし、資金繰りを圧迫します。だから心ある税理士先生は、「無駄な節税はやめておきましょう」とおっしゃるわけですが、それ以外にも節税が招く「弊害」をご存知でしょうか?それは●●●●を阻害してしまうことです。これは会社の生命線に関わることです。知らずに節税をしていたら、御社はいざというとき、とんでもないピンチを招くことになります。

方法6・経費を理解する

経費を会社で落としたがる社長は多いですが、その「真」のメリットをご存知でしょうか?この事実を知ってしまったら、あなたはきっと、「もっと」会社の経費で落としたくなるでしょう(笑)。それだけこのメリットは、社長の手元キャッシュの残高と密接な関係にあるわけですが、それだけに、使い方を間違うと、税務署が黙ってはいません。経費に認められるものと認められないものの違いとは何か?経費を制する社長が手取り収入を増やします。

方法7・役員報酬の受け取り方を変える

役員報酬の受け取り方を間違えている社長は多いです。社長のお悩みの一つに「稼いでもお金が残らない・・・」がありますが、それははっきりいって役員報酬の受け取り方を間違えています。今のままでは、「わざわざ」税金・社会保険料が高負担になる受取り方をしているのです。そんなもらい方をしていれば、せっかく稼いだお金も「手取りが増えない」となるもの、当然だと思いませんか?早く間違いを是正して、しっかり手取り収入を増やしてください。

理由8・ライフプランを見直す

社長がなぜライフプランを見直さなくてはいけないか?もちろんそれは、家計を見直せばお金が貯まるのが早くなるからです。ただしそれは、個人のご家庭の話です。あなたは社長であり、あなたの肩には、愛するご家族はもちろん、従業員とそのご家族、取引先、銀行、株主など、ありとあらゆる人の人生が乗っかっています。そう、社長は私人でありながら、公人という一面もあるのです。だからこそ、ライフプランを見直して、●●●●対策をしておかなくてはいけません。それが、社長に関わる人、すべてを幸せすることなるのですから。社長がライフプランを見直して、貯金と資産を増やしておかなくてはいけない理由とは・・・? 以上がレポートの内容になります。

ぜひこの機会に、無料レポート「これで資金繰りに困らない!会社にお金を残す方法」を、この機会にぜいひご請求ください。

ご登録後、1分以内にお届けいたします。
【無料レポート】会社にお金を増やす方法
お名前  *
メールアドレス  *
メッセージがあればお気軽にどうぞ