社長のお金はこうして増やす

同額の役員報酬でも最適化を行えば社長の個人資産は倍速で増えます。

論より証拠。5年で1000万円貯められる証拠をご覧ください。

  • 社長(43歳)役員報酬:600万円
  • 妻(39歳)役員報酬:350万円
  • ご子息:13歳、10歳
社保削減スキームと節税プランを組み合わせると、次のようになります。
社長の手取り収入:役員報酬を480万円に下げても、年間297万円増、5年間では1488万円増
法人とのトータルでは、年間約133万円、5年間では666万円の経済効果があります。

※手取り収入は条件によって変わります。ケーススタディは効果を保証するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

お客様の声

栃木県 H様 自動車修理業

家族で経営しています。個人事業主から法人に変えて2年。社会保険に加入するよう案内が来ました。

社会保険が思っていた以上に高額で、削減のためシミュレーションを申し込みました。

見ていただいた中で、私自身は全く気がついていなかったのですが、役員借入金が約1000万円ほどあることを指摘いただきました。

個人事業主時代からの設備などが、借入金の形になっていました。

この借入金を返済することで、

→ 法人から個人へお金を移すことができる。
→ 役員報酬を下げても生活費などを賄うことができる。
→ 結果的に社会保険を節約できる。

と教えていただきました。

仮に毎月20万円役員報酬を下げとしたら、1ヶ月あたり、約62000円社会保険を節約することができます。

1000万円の借入を20万円づつ返していくと50カ月かかるので、

・62000円×50カ月=310万円

と、かなり社会保険を節約できそうです。

これを税理士さんに提案したら、「すごいところに気がつきましたね」と、来期以降はこの方針で行くことになりました。

また家族のことを考えても、役員借入金を返済しておいた方が良いそうです。

万が一、私が不慮の事故や病気で亡くなってしまった場合、この役員借入金は個人の資産とみなされて、残された家族にとって相続税の対象になる、との事でした。

社会保険の削減も出来ますし、万が一のリスクに気がつくこともできたので、シミレーションを受けて本当によかったです。ありがとうございました。

5年で1000万円貯める社長の役員報酬最適化プランニング

「社会保険料と税金が高くて手取りが増えない」

国は個人への課税を強めていて(とくに1000万円以上の高所得者層を)、社長の役員報酬を上げても手取りは増えない状況になっています。

しかしながら社長には、会社が万が一のときに備え、個人資産を貯めておかなくてはいけない、という課題があります。

会社がピンチのとき銀行が必ずしも貸してくれるとは限らず、確実な資金調達ルートとなる社長の個人資産は、会社の命綱といっても過言ではありません。

もちろん大切なご家族のためにも、お金を貯めておきたいというお気持ちもあるでしょう。

老後のお金だって貯めておかなくてはいけません。

それに何より、経済的余裕が間違いのない経営判断を生み出します。

お金に余裕がない状態では、正しい判断をすることは難しくなります。

にもかかわらず、「稼いでもお金が残らない」、こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

ご安心下さい。

社会保険料と税金の負担を抑えて、社長の手取りを増やす方法はございます。

しかもその額は、5年で1000万円貯めることも可能です。※利益の保証をするものではありませんので、あらかじめご了承くださいませ。

社長が5年で1000万円貯める方法

単刀直入に申しますが、社長が手取りを増やすには、役員報酬以外の形で会社から所得移転しなくてはいけません。

なぜなら役員報酬という形で会社からお金を受取れば、必ず税金と社会保険料を負担しなくてはいけない仕組みになっているからです。

しかもその負担は所得が多くなるほど増えるようになっています。

逆にいえば、「役員報酬以外の受取り方」でお金をもらえば、税金の負担を最小にできたり、社会保険料の対象から外れることも可能なのです。

「そんな都合のいい方法があるのか?」と聞こえてきそうですが、もちろん、その方法はあります。

要は、「知っているか」「知らないか」たったそれだけの違いだけ、社長の手取り収入は変わるのです。

※こんなことをいうの嫌なのですが、当たり前ですが、ルールで認められている方法です。ただしどんな方法もですが、やり過ぎれば否認のリスクは高まります。

論より証拠。5年で1000万円貯められる証拠をご覧ください。

  • 社長(48歳)役員報酬:1800万円
  • 妻(40歳)役員報酬:500万円
  • ご子息:18歳、10歳
  • 母親(75歳)同居
社保削減シミュレーションと節税プランを組み合わせると、次のように手取り収入が増えます。
社長の手取り収入:役員報酬を1440万円に下げても、年間約467万円増、5年間で2339万円増
法人とのトータルでは、年間約130万円、5年間では652万円の経済効果があります。

※手取り収入は条件によって変わります。ケーススタディは効果を保証するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

最後に

これだけはいっておきますが、役所も、あなたが信頼している税理士先生も、あなたが「これこれこういう方法で税金や社会保険料が安くなると聞いたのですが」と具体的に質問しない限りは、親切に教えてくれないことはお忘れなく。

そして知らなければ、税金も社会保険料も延々と搾取されるだけなのは間違いないです。

消費税は増税され、社会保険料は今後上がっていく可能性はあれど、下がる可能性はほぼ0です。

個人への所得税となればなおさらです。

これからますます資金繰りはタイトになっていきます。

だとしたら、社長個人にキャッシュを貯めておくことも、会社の重要な防衛戦略といえませんか?

社長には会社と個人という二つのポケットがあり、これを有効活用すれば5年で1000万円以上貯めることも可能です。

5年で1000万円貯まる金融商品がこの日本で存在すると思いますか?

まずは、お気軽にお問合せ下さいませ。