人手不足といわれて久しいですが、有料広告やハローワークに求人を出しても「応募がない」という企業は多いのではないでしょうか?

そんなあなたに朗報です。

Googleの「Googleしごと検索」を利用すれば採用のチャンスを広げられます。

スマホで求人を検索する人が増えている今、Webからの求人に大きな変革をもたらす可能性があります。

Googleしごと検索とは

Googleしごと検索は、求人・採用に関連するキーワードでGoogle検索を利用した際に、企業の求人情報を検索結果ページの上部に掲載する機能のことです。

掲載枠はPCだけでなく、スマホの検索結果でも表示されます。

Googleしごと検索が実装される前は、Googleの検索窓に「岡山 Webデザイナー 求人」と入力すると、岡山区域内のWebデザイナーの求人情報がたくさんヒットしました。

しかしユーザーにとってみれば、それらランダムな情報を整理して見ることはできず、一つ一つページをチェックしながら比較するという作業を強いられていました。

ところがGoogleしごと検索が登場した現在では、Googleの検索窓に「岡山 Webデザイナー 求人」と入力すればどうでしょう。

通常の検索結果とは異なる画面レイアウトで、「岡山 Webデザイナー 求人」のキーワードに関連する求人情報が企業ごとに整理され、見やすいリストで表示されます。

リストには、各企業の基本情報や自社ホームページの採用情報を始め、各種サイトに掲載中の求人情報がまとめて情報提供されるのです。

このようにユーザーにとって便利な検索機能を備えていいるのが、Googleのしごと検索なのです。

Googleの仕事検索の機能

表示されている求人をクリックすると、詳細な情報を確認できます。

地域や形態、更新日付などで、企業を絞ることもできます。

気になる企業を「保存」しておけば、ブックマークのように簡単にアクセスできます。

応募ボタンをクリックすると、各求人が掲載されている元のサイトへ遷移します。

Googleしごと検索は、あくまで仕事を探しているユーザーのための検索を便利にする機能のため、応募をGoogleからすることはできません。

しかし、色んなサイトを行ったり来たりしなくても、自分の検索した条件に合う求人を幅広く確認することができるため、今後Googleしごと検索を利用するユーザーは増えるでしょう。

Googleしごと検索で表示されるキーワード

Googleしごと検索で表示される求人情報は、検索窓に入力されたキーワードをGoogleが分析し、ユーザーが求人情報を探していると判断された場合に表示されます。

Googleしごと検索でヒットする主な検索キーワードは以下の通りです。

  • 「引っ越し営業 正社員」などの「業種(職種)×雇用形態」
  • 「菓子製造 求人」などの「業種(職種)×求人」
  • 「鳥取 正社員」「岡山 仕事」などの「エリア×雇用形態(求人)」
  • 「○○製菓 正社員」などの「社名×雇用形態」
  • 「インディード 求人」などの「求人ポータルサイト名」

「求人」キーワードだけでなく、「正社員」「バイト」「仕事」などの キーワードでも「しごと検索」は適用されます。

Googleしごと検索の登場でWeb求人情報に大きな変化が

Webに掲載した求人情報で成果を出すには、 広告を出稿したり、求人ポータルサイトに掲載したり、ハローワークに情報を登録したり、自社サイトの求人ページにSEO対策を行ったりといった方法が主な対策方法でした。

しかしGooleしごと検索の登場により、上記の方法の中に「検索結果に直接掲載する」という方法が加わることになります。

しかも検索結果より上位表示されることが大きいです。

このインパクトは大きく、御社のWebでの求人活動に、さまざまな大きな変化をもたらします。

次はGoogleしごと検索の3つのメリットについて解説します。


Googleしごと検索のメリット

メリット1・強力な競合を押しのけて上位表示できる

現在は自然検索(通常の検索結果)では、求人系のキーワードで検索上位を獲得することはかなり難しくなっています。

検索上位には、大手採用ポータルサイトやハローワークなどの強力なライバルサイトが占めていて、この強力なライバルサイトを押しのけて上位に食い込むことは簡単ではありません。

その点Googleしごと検索なら、仕事検索内で上位3位に入れば良く、SEO対策を行わなくても強力な競合を押さえて検索結果に表示させることが可能になります。

とくにGoogleの検索結果は位置情報に左右されます。

ユーザーが検索している位置が、検索結果に強く反映されるのです。

そのため地域の検索とGoogleしごと検索は相性がよく、上位表示される機会も増えます。

仮に上位3位以内に入れなくても安心です。

Googleしごと検索に装備されている機能を使えば、職種や雇用形態やエリアなど絞って検索することができるため、求職者が探して訪れてくれることもできます(求人を探している人が、むしろ3つだけしか求人情報を見ないということの方が稀でしょう)。

SEO対策を頑張っているがほとんど結果が出てない企業にとっては、Googleしごと検索に取り組む価値はあります。

メリット2・求人情報の掲載は無料

Googleしごと検索を使うメリットとは、何といっても掲載費用が掛からないことです。

大手求人ポータルサイトやリスティング広告を使っての求人の場合、その費用は現状でも上昇傾向になります。

現在は人手不足で参入する企業も増えますので、それらの有料の求人手段が高騰していくのは避けられません。

マイナビの調べによれば、新卒一人を採用するコストは48万円、中途採用でも39万円一人当たりのコストがかかっているとの調べもあります。

それに追い打ちをかけるように、今後は労働人口は減少していきます。

採用コストの上昇にますます拍車がかかるといっても過言ではないでしょう。

このように採用コストは上昇しているため、人を採用したい→ただ費用をかけれない→露出機会が少なくなる→アクセスする人も減る→申し込みもなくなる、という悪循環に入ってしまいます。

人手不足倒産もある現状においては、これは何としても避けたい事態です。

そんなときに無料で利用できるGoogleしごと検索なら、採用コストを大幅ダウンできます。

インターネットの世界でコンバージョンを増やすには、見込み客にどれだけ接近できるかがポイントになります。

それがまさに上位表示なのです。

Web上では検索の上皮にヒットしなければ、ほぼユーザーとコンタクトを取ることができいといってもいいくらいです。

その点Googleしごと検索なら、競合を押しのけて上位表示も簡単にでき、しかも登録・掲載の費用が無料となります。

採用においてこれまで不利だった中小企業こそ、積極的に活用する手段です。

メリット3・利用ユーザーの多さ

今やスマホは一人一台の時代です。

さらにスマホを使って検索することも日常風景と化してします。

それは求人の検索についても同じことがいえます。

スマホからGoogleの検索を使って仕事を探す、さらにパソコンから検索を使って求人を探す、こんな光景が当たり前のようになっているのです。

つまり、日ごろ使い慣れたGoogleに簡単な文字を入力するだけで、それがとても有効な就職・転職活動になってしまいます。

この手軽さは、多くのユーザーの利用をうながすための、大きなアドバンテージとなります。

となれば、今後もGoogleしごと検索を利用する人は増えていくでしょう。

現状でもGoogleの検索を利用する人は多いわけですが、さらに利用者が増えれば、それだけ露出が頻繁になります。

その結果、最終的な申込数を増やすことにつながります。

Googleしごと検索への登録・掲載方法

Google しごと検索へ求人情報を掲載するには以下の2つしか方法がありません。

  1. 求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加し、サイトマップをGoogleへ送信する
  2. 対応している求人メディアへ求人情報を掲載する

ここでは2には触れず、1の方法について解説したいと思います。

構造化データでマークアップ

Yahoo!、Bing、Googleなどの検索エンジンに対してページの内容をわかりやすく認識させるHTMLタグのことです。

Googleしごと検索はこの構造化データの中から、「JobPosting」という求人情報に特化したスキーマを採用しています。

この構造化データを採用ページ記述しておくことで、Googleに内容が理解できるようになります。

その結果Googleしごと検索に掲載できるというわけです。

書き方は以下のような感じです。

ただし必須項目が正しくマークアップされていなければエラーになり、Googleしごと検索には掲載されませんので注意が必要です。

構造化データの詳しい内容は下記リンクを参考にしてください。

構造化データタイプの定義

求人情報をGoogleに送信して完了

構造化データを記述して、サーバーにアップするだけでは検索結果に反映されません。

マークアップが完了したら、記述した求人情報をGoogleに送信する必要があります

Googleに送信することで、クローラと呼ばれる情報収集プログラムがそのページに訪れ、求人情報を持ち帰り、データベースにインデックス(登録)されることで、Googleしごと検索にはじめて情報が反映されます。

この送信方法でもっとも簡単なのは、Googleが無料で提供しているサーチコンソールを使うことです。

サーチコンソールには、sitemap.xml(サイトマップ)というファイルを送信して、クロールをリクエストする機能があります。

この機能を利用することで、Googleからクローラを呼び寄せて、インデックスをしてもらうことができるのです。

とっても利用価値の高いGoogleのしごと検索、人手不足に悩む企業は絶対活用すべき検索機能です。


<社長におススメの【特集】記事>

おススメ記事【2019年最新】働き方改革推進で活用したい助成金大特集

おススメ記事【特集】店舗経営者必見!クレジット決済導入するだけで売上アップできる理由