助成金にはたくさんの種類があります。

そのため「こんなことが助成金の対象だったなんて知らなかった」といったことが起こります。

たとえば助成金の中には、従業員のスキルアップのための研修費用の一部を助成してくれるものや、労働時間を短縮するための設備投資費用を助成してくれるものまであります。

助成金は返済が必要ないお金なので、知らないだけで機会損失するのはとてももったいない話です。

そこでこの記事では、助成金の使い方・使い道から活用方法まで解説致します。

助成金とは

助成金とは厚生労働省が支給するお金で、雇用に関する取組みや労働環境の改善に取組んだ企業や個人事業主に対して助成してくれる制度です。

市町村などの地方自治体が支給する助成金もありますが、厚生労働省が管轄するものがほとんどです。

この記事でご紹介する助成金は厚生労働省が管轄する助成金です。

助成金と補助金の違い

助成金と似たものに補助金があります。

しかし助成金と補助金では違いがあります。

たとえば助成金は受給要件を満たしていればお金を受け取ることができますが、補助金の場合は要件を満たした上で、審査で選ばれなくてはいけません。

助成金と補助金では、受給に対するハードルの高さに大きな違いがあります。

助成金の方が受給しやすいところに大きな違いがあります。


助成金の使い道は制限されてない

補助金との違いにもなりますが、支給された助成金には使い道の制限はありません(補助金には申請したもの以外使えないという制限があります)。

たとえば非正規労働者を正社員に採用した場合に支給されるキャリアアップ助成金(正社員化コース)を受取ったとしても、その新たに正規雇用した従業員のためにお金を使わなくてはいけないという縛りはないのです。

受取ったお金の使い道は自由です。

ただし助成金は後払いが基本です。

しかもその期間は長いもので1年以上かかることもあります。

そのため申請から支給されるまでの期間は、事業主が費用を立て替えなくてはいけません。

ですから助成金を資金繰りのあてにするのはやめましょう。

返って資金繰りが苦しくなる結果を招きます。

助成金の活用方法

助成金は2つの種類に分類できます。

これらのパターンを理解して助成金の活用方法を考えます。

経費助成

制度の導入費用、スキルアップのための研修費用、労働環境の改善のための設備投資の費用を助成してくれるパターンです。

人件費助成

導入した制度を実際に稼働させたときに人件費の一部を助成してくれるパターンです。

ちなみに助成金には加算制度もあります。

計画で決めた目標を達成すると助成される割合が増えていきます。

これらの助成金のパターンを踏まえて、助成金の使い方を検討します。

1・既存の事業で考える

今行っている事業で助成金の使い方を考えます。

たとえば、介護や育児による休暇の創設などを検討しているのであれば、制度を導入することで助成金を受け取れる可能性があります。

それ以外にも社員のスキルアップ研修であれば、多くの企業が該当します。

このようにすでにある事業に対して助成金を活用できないかまずは検討しましょう。

2・助成金から新たにできることを考える

助成金から新たに導入できることを考えます。

たとえば採用に関する助成金なら、パートタイムやアルバイトなどの非正規社員を正社員に雇用した場合に受け取れるものがあります。

また試用期間を設けて一定の条件の労働者を正規雇用した場合、受取れる助成金もあります。

「このような助成金があるから新たに雇用してみよう」、このような場面で助成金の活用を考えます。

助成金の良くない使い方

助成金にも良くない使い方が存在します。

上記の「助成金から新たにできることを考える」にも通じますが、それは「助成金ありき」で助成金を使うことです。

助成金を受給するためには、新たな制度を導入したり、賃金制度や就業規則の変更が条件となっています。

制度導を入すれば、労務管理が増える場合もありますし、運営コストがかかる場合もあります。

そのような状況でも制度を導入することが支給条件になっているため、廃止したくても廃止できないといったことも起こります。

助成金の受給を考えるときは、「自社にとって制度の導入や設備投資が本当に必要か?」をベースに検討しなくてはいけませ。

「助成金ありき」の受給が助成金の良くない使い方です。

おすすめの助成金

どの会社でも活用しやすい助成金をご紹介します。

1・キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金とは、パートタイム・アルバイト・契約社員・派遣労働者などの非正規労働者などの、正社員化、人材育成、処遇改善といったキャリアアップを図る取組を実施した事業主に対して支給される助成金です。

パートタイムやアルバイトの正規雇用を考えている方はぜひともこの助成金の活用を考えたいところです。

また非正規社員の待遇改善することでも助成が受けられますので、パートタイム・アルバイトなどの採用を考えるときも活用できます。

2・トライアル雇用助成金

職業経験や知識、技術が十分でなく安定した職業に就くことが難しい求職者を、ハローワーク等を通して3か月間の試用期間(トライアル期間)を設けて雇用した事業主が受給することができる助成金です。

トライアル雇用を利用することで、事業主側は労働者の適性を見ることができ、労働者側は仕事内容や労働環境の向き不向きを検討することができますので、雇用のミスマッチを防ぐことに役立てられます。

3・人材開発支援等助成金

人材開発支援助成金とは、労働者の職業訓練開発に伴う経費・賃金の一部を助成する制度です。

職務に関係した専門的な知識・技術を身につけるための職業訓練や人材育成を行った際に、費用や賃金の一部が助成されます。

社員のスキルアップのために研修などを行う場合に、人材開発支援等助成金の活用を考えます。

助成金を探すときのポイント

活用できる助成金がないか探すポイントは次の通りです。

条件を調べる

助成金を受取れる条件を調べます。

条件は年度ごとで変わることもありますので、しっかり調べましょう。

応募期間

助成金は応募期間が設けられています。

応募期間を過ぎると申請できませんので、期日を調べておきましょう。

助成される額

助成金をいくら支給してくれるか、その割合を調べておきましょう。

助成金は一定額だけでなく、目標達成率によって助成割合が変わるものがあります。

上限額

助成金を受け取れる上限額を調べておきます。

上限を確認して、資金計画に狂いが生じないようにしておきましょう。

助成金を受け取る流れ

助成金にはさまざまなものがありますが、ここでは上記で紹介したキャリアアップ助成金(正社員化コース)の場合の申請から受け取りまでの流れを記載します。

  1. キャリアアップ計画の作成・提出(転換・直接雇用を実施する日までに提出)
  2. 就業規則、労働協約その他これに準ずるものに転換制度を規定
  3. 転換・直接雇用に際し、就業規則等の転換制度に規定した試験等を実施
  4. 正規雇用等への転換・直接雇用の実施
  5. 転換後6か月分の賃金を支給・支給申請
  6. 審査、支給決定

まとめ

助成金の使い道・使い方について解説しました。

助成金は返済不要のお金です。

助成金を活用できるのに「知らなかった」では、本当にもったいないです。

助成金の使い道・使い方を正しく理解して、企業が発展するために上手に活用しましょう。


<社長におススメの【特集】記事>

おススメ記事【2019年最新】働き方改革推進で活用したい助成金大特集

おススメ記事【特集】店舗経営者必見!クレジット決済導入するだけで売上アップできる理由