これまでの助成金といえば雇用関連に支給されるものがメインですが、働き方改革の一環として、設備投資へ助成されるものが出てきました。

それが「業務改善助成金」です。

この記事では設備投資にも支給される「業務改善助成金」について解説します。

業務改善助成金とは?

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援することで、「事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)」の引上げを図るための制度です。

業務の生産性の向上を行い、それにより事業場内最低賃金を上げるための設備投資を行った場合に助成される制度です。

もちろん計画だけではダメで、実際に設備を投入して生産性を向上させ賃金を引き上げなくてはいけません。

具体的には、機械設備、POSシステム等の導入や人材育成に係る研修、業務改善のためのコンサルティングなどにかかった費用の一部が助成されます。

ただし、

  • 単なる経費削減のための経費
  • 職場環境を改善するための経費
  • 通常の事業活動に伴う経費

は除かれます。

業務改善助成金の支給の要件

業務改善助成金を受け取るためには次の要件を満たさなくてはいけません。

  • 賃金引上計画を策定すること
  • 事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる(就業規則等に規定)
  • 引上げ後の賃金額を支払うこと
  • 生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと
  • 解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないことなど

その他に申請に必要な書類の提出が求められます。


助成額

申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合、生産性向上のための設備投資等にかかった費用に助成率を乗じて算出した額を助成されす。

申請コースごとに、助成対象事業場、引上げ額、助成率、引き上げる労働者数、助成の上限額が定められています。

生産性向上に資する設備・機器の導入例

  • POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
  • リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
  • 顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
  • 専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上

業務改善助成金が実際に支給された例

では業務改善助成金が実際に支給された例をご紹介いたします。

農業

設備投資の内容

根葉切り機

導入前の状況

長ネギの収穫作業1時間に対し、根・葉切り作業が3時間かかっていた。

導入の効果

根・葉切り作業が、2倍のスピードとなり、生産性が向上した。根・葉切り作業の時間が半減し、業務の改善にもつながった。

建設業

設備投資の内容

建築積算システム

導入前の状況

新築物件やリフォーム物件の積算見積に多大の時間を要していた。

導入の効果

新築物件やリフォーム物件の積算見積時間を短縮することができた。具体的に、リフォーム費用500万程度の物件で、今までのCADシステムからの積算時間で約5時間かかっていたところ、入力から計算までで30分かからずに済み、生産性の向上を図ることができた。

食料品製造業

設備投資の内容

フードプリンター

導入前の状況

生地の下ごしらえや成形作業に時間を要していた。

導入の効果

フードプリンターの導入により、お菓子への文字や図柄入れを機械化することが可能となり、それにより、他の作業を前倒しで行うことができ、効率的に業務を進めることができるようになった。具体的には、ケーキ1個に対するキャラクターデコレーション作業が1時間30分から3分程へ、クッキー100枚に対する文字入れが2時間から3分程度へ短縮されるなど、作業時間を約30%短縮することができ、労働能率の増進となった。

印刷業

設備投資の内容

デジタル検査機

導入前の状況

目視検査で2名体制が必要であった。

導入後の状況

機械による読取り照合を行うため、確認作業が簡略化され、1名での作業か可能となる。また、何らかのミスが発生した場合、監視カメラの映像で確認できる。2名体制による作業が1名体制に改善され、作業効率が50%改善できた。

飲食業

設備投資の内容

食器洗浄機

導入前の状況

食器を手作業で洗浄していた。

導入後の状況

食器洗浄機の導入により、手作業の時と比べ、洗い、すすぎ、拭き上げの3工程をすべて自動で行うことが可能となり、作業時間を1/5程度まで短縮することができ、労働能率の増進を図ることができた。

美容業

設備投資の内容

エステ機器

導入前の状況

今回の機器導入前は、エステにおいてはスタッフが手作業で施術(頭皮の筋肉トレーニング及び顔のリフトアップ)を行っていたため、施術時間もかかる上、手作業なので従業員の負担もかなり大きかった。

導入後の状況

今回、エステ機器を導入したことで、これまで約40分程度かかっていた作業時間が約20分程度で施術可能となり、スタッフの身体的負担を大きく改善ができた。また、1日の施術可能な人数がこれまで3人だったが、多い時には6人以上の施術が可能になり、業務の効率化につながった。

まとめ

業務改善助成金はただ単に設備投資をするだけでは受給できませんが、助成された例を見るとかなりの範囲の設備に助成されることがわかります。

機器を導入するということは、そもそもが生産性の向上を図る意図がありますので、業務改善助成金を利用しないともったいないといえます。

ただし事業場内の最低賃金を一定額以上引き上げないといけないことに留意が必要です。

業務改善助成金を活用して事業の成長に役立てましょう。


<社長におススメの【資金繰りに役立つ】記事>

【2019年最新】働き方改革推進で活用したい助成金大特集

顧問税理士を変えるだけで「年間400万円の節税」に成功した理由とは?

【緊急レポート】今すぐ節税・社保削減したい社長のための極秘マニュアル

【保存版】マイルも無料で手に入る10倍得する社長の法人クレカ徹底活用術



<おススメサービス>

5年で1000万円増やす社長の役員報酬最適化コンサルティング

【求人革命】Webで人手不足を解消するサービス

【ランディングページが0円】リスティング広告代行サービス

【店舗ビジネス専門】集客できるLP型ホームページ制作サービス