助成金と補助金と聞くとどちらも同じように感じますが、実際2つは別のものです。

助成金と補助金を混同している方もいらっしゃますが、申請する機関も性質も違うお金なので、同一に考えると受け取れるものも受け取れなくなってしまいます。

この記事では助成金と補助金の違いについて解説します。

助成金とは

助成金とは主に厚生労働省が支給するお金で、雇用関係の支援に使われます。

助成金は条件を満たせば必ず支給されます。

支給されるお金は主に雇用関連に使うことが義務付けられているので(助成金の受給要件になる)、設備投資目的などで申請することはできません。

主な助成金

トライアル雇用助成金

職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

雇用調整助成金

景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成されます。

補助金とは

補助金とは、その名のとおり補助をするためのお金です。

補助するお金は、設備投資、研究開発、販路拡大のための広告費など、事業の活性化を図るために不足するお金を補助する目的で支給されます。

しかし申請すれば必ず支給されるわけでなく、受給要件を満たし、さらに審査に合格しなくてはいけないというハードルがあります。

補助金は、主に経済産業省や地方自治体などが支給するお金のことを指します。

主な補助金

ものづくり補助金

中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。

IT導入補助金

中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

助成金と補助金の違い

受給できる条件

助成金は申請要件を満たしていれば必ず受け取れます。

これに対し補助金は、受給資格を満たして申請しても、審査に落ちれば受け取れなくなってしまいます。

補助金を受けるには、その事業がどれだけ活性化するかや、どれだけ社会に役立つかなどの必要性を示すプレゼンのアピール力が必要です。

応募期間

助成金は応募期間は決まっていませんが、予算がなくなり次第終了となります。

補助金は応募期間が決まっています(年度によって変わる)。

受給金額

助成金はあらかじめ受給できる金額が決まっているものがほとんどです。

補助金は上限と下限が決められていますが、その範囲内で経理の利用状況により受給金額が変動することがあります。

返済条件

助成金・補助金とも受け取ったお金は返済不要です。

受け取り方

助成金も補助金もお金の受け取りは後になります。

たとえばものづくり補助金の場合、補助金を受け取ってから設備の購入に充てるということはできません。

補助金は設備を購入後、その一部を補助してもらうという形になります。

助成金も同じです。

雇用のための賃金を支払う前に助成金を受け取ることはできません。

また助成金・補助金も請求すればすぐに入金とはなりません。

補助金の場合は数週間から数か月、助成金の場合は半年から1年以上かかります。

お金を立て替えておく期間が必要なため、資金不足な事業主だと、助成金・補助金とも受けるのがむずかしくなります。

助成金・補助金を受給するための大事な考え方

補助金は「新しい事業をはじめたいから申請しよう」といって支給されるものではありません。

補助金の公募の中から自分たちに合う補助金がないか探して申請するものです。

また税金から投入されるものであるため、社会貢献性も問われます。

そのため、事業計画書が必要になり、「この事業がどのように社会に貢献できるか」「どのようなニーズを満たし将来の展望はあるか」という点を審査されます。

助成金も労働環境を良くするために支給されるもので、「お金をもらうために申請する」類のものではありません。

助成金・補助金も受け取る方にも社会的責任があることを忘れないようにしましょう。

まとめ

この記事では助成金と補助金の違いについて解説してきました。

助成金・補助金も公的機関から受け取るお金ですから、呼び方が違うだけで同じように思えます。

しかし実態は助成金と補助金では違います。

一番大きな違いは受給しやすいかどうかです。

助成金は受給しやすく、補助金はハードルが高くなります。

両社の違いを踏まえて申請に臨みましょう。


<社長におススメの【資金繰りに役立つ】記事>

【2019年最新】働き方改革推進で活用したい助成金大特集

【消費税・社会保険料対策】知らないと怖い業務委託契約の事実

【緊急レポート】今すぐ節税・社保削減したい社長のための極秘マニュアル



<おススメサービス>

社会保険料最適化【無料相談】社会保険料の負担でお悩みの経営者に無料でご相談を承ります

銀行から見た「自社評価がわかる」格付け診断サービス

社長のキャッシュがザクザク増える社会保険料削減スキーム