売上のトレンドを正確に読むエクセルの使い方

データ分析必勝法

もしあなたのお店が、次のような乱高下のある売上だった場合、お店の売上は上がっているのか?下がっているのか?判断がつきづらくなると思います。

この売上のトレンドを正しく把握するにはどうすればよいか?

そこで使うのが、エクセルの「Zチャート」です。

Zチャートを使うことで、売上の変動を除去した推移を見ることができます。

3期分のデータを用意

まず、次のような売上データを用意します。

データは3期分用意します。

トレンドを正確に読む「Zチャート」

このデータを基にZチャートを作るわけですが、最初にZチャートは何かを説明しておきます。

Zチャートとは3種類のグラフ組み合わせたチャートのことで、ここで使う3種類のグラフとは、「月次売上」「月次累計」「移動年計」のことです。

売上の変動が激しい場合、月次売上だけを見ると売上の流れがわかりません。

そこで、数値を足してかさ上げをしてやります。

すると、数値が足された分、変動の波が小さくなるというわけです。

たとえば、100と500では5倍の開きがありますが、両方に1000を足してやれば、1100と1500になって、その差は1.04倍まで縮まります。

同じ原理で、月次売上を足して移動年計で見れば、グラフの変動が少なくなり、上げ基調か下げ基調かがわかるようになるのです。

月次累計を計算

Zチャートを作るために、年度ごとの「月次累計」を算出していきます。

Zチャートは2期分を作ります。

最初に「D15」セルに「=sum($C$15:C15)」と算式を入れます。左側は「$」を入れて絶対参照にしてください。

数式を入力し終えたら、オートフィルで2015年3月の「D26」セルまでドラッグして入力します。

次に2016年4月からの分を同じように入力していきます。

「D27」セルに「=sum($C$27:C27)」と算式を入れます。左側は「$」を入れて絶対参照にしてください。

数式を入力し終えたら、オートフィルで2016年3月の「D38」セルまでドラッグして入力します。

移動年計を計算

次に移動年計を求めます。

セル「E15」に「=SUM(C3:C14)」と数式を入れます。

数式を入れたらオートフィルでドラッグして「E38」まで入力します。

これですべての数値が入りました。

Zチャートを作る

データをZチャートにしていきます。

グラフにしたい範囲「B15」~「E38」までを選択し、「挿入」→「折れ線」→「マーカー付き折れ線」を選びます。

Zチャートが挿入されました。

データ分析に入る前に、2015年と2016年の境目に入った線を取り除きます。

行番号「27」を右クリックし、メニューから挿入を押して、空白の行を入れます。

空白の行が入ることで、Zチャートも2つに分けれました。

売上トレンドの読み取り

Zチャートは、まず上の線(移動年計)を見ます。

  1. 右肩上がりなら上昇傾向。
  2. 右肩下がりなら下降傾向
  3. 平行なら現状維持

ということになります。

このグラフから見るに、2015年は横ばいで現状維持、2016年は若干ですが右肩上がりの傾向がみられます。

まとめ

以上のように乱高下の激しいデータも、Zチャートを使えば、上昇傾向か、下降傾向か、それとも現状維持かを掴むことができます。

傾向を掴めばこそ、適切な対処が打てます。

上昇傾向なら広告費を投入しても元が取れる計算ですが、下降傾向なら投資は慎重にすべきでしょう。

そういう判断は、勘でやっては失敗する確率が高くなります。

やはり、数値というデータで客観的判断が必要です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。


最近の記事

  1. 不確実リスクに備える人件費の変動費化で儲かる事業にシフトチェンジ

  2. 労働分配率は低ければ良い?自社の「適正」労働分配率は何%か?

  3. 中小企業経営のカギとなる「3つ」の労働生産性

  4. 人件費はコストでなく「投資」。投資を成功させる人件費計画の基本

  5. 資金繰りを詰まらせないためには毎月の支払額を把握する

  6. 会社の不良資産の「処理」は業績が「黒字」のときにこそ行う

  7. 銀行融資対策を考えるときは、まず借入の中身を分析する

  8. 投資と資金繰りの安定には予測貸借対照表と資金繰り予測表が必要

  9. 貸借対照表を読めないと適切な投資判断はできない

  10. なぜ経営者は貸借対照表(B/S)を読めなくてはいけないのか?