o015001501390615658894

はじめまして、集客と財務を駆使して社長と会社のキャッシュを最大化する大畑と申します。

2012年に起業し、現在6年目(2018年現在)

広告代理業。財務・資金繰りコンサルタント。ファイナンシャルプランナー(CFP国際資格)。

チラシの集客からスタートし、現在はSEO対策、PPC広告での集客も加え、インターネットとリアルの両面から、クライアントの集客をサポートできる強みがあります。

集客に関して、コピーライティングといったノウハウも持ち合わせていますが、むしろそれに頼ることなく、確率思考のデータ戦略と事前の収益シミュレーションで、「勝つべくして勝つ」マーケティングを行うことが信条です。

さらに財務戦略により、企業の資金繰りを強化します。

それと同時に、企業のキャッシュと経営者の手取り収入を最大化するプランニングを設計し、万が一に備えた企業の防衛戦略の徹底化を行います。

ミッション

数字を使って勝率の高いマーケティングを設計し、クライアントの利益に100%貢献すること。

財務基盤を強化し、世の中のお役に立つ企業を、100年存続できる企業にすること。

事業内容

法人向け

・チラシ集客・SEO集客・PPC広告・動画集客のコンサルティング

・PPC広告(Googleアドワーズ広告、Yahoo!プロモーション広告)の広告代理業

・ワードプレスによるホームページ制作(スマホ最適化対応)

・エクセルデータ分析・収益シミュレーション

・社長の手取り倍増プランニング

・役員報酬最適化プランニング

・社会保険料削減プランニング

・企業の財務分析

・資金繰り改善コンサルティング

・資金調達サポート

個人事業主向け

・国民健康保険料削減スキーム

・法人設立後の手元キャッシュ最大化コンサルティング

・チラシ、PPC広告、SEO対策、動画広告などのマーケティング全般

自分ができること

属人的な勘や感性、ノウハウに頼らない、データ分析、収益シミュレーションによる、勝率を重視した数字が主体のマーケティング。

SEO対策のコンサルティング。

チラシからホームページまで、蓄積したノウハウによる「集客できる」ランディングページの制作(スマホ最適化ページ)。

そのランディングページで、PPC広告(Googleアドワーズ広告、Yahoo!プロモーション広告)への広告代理業。

SEO対策、PPC広告、アナリティクス(アクセス解析)を三位一体化した、Googleのインターネットマーケティングへの対応。※Googleの推し進めるこのマーケティングは、今後ネット集客の主軸になると予想されます。

企業や企画単体の財務分析を行い、それを通じて資金繰りを強化するコンサルティング。会社の存続はキャッシュのあるなしで決まります。稼ぐだけでは、本当の意味で強い会社にはなりません。会社にお金が残る財務コンサルティングで、資金繰り改善を致します。

税と社会保険料削減による、経営者個人の手取り収入の最大化を行うコンサルティング。会社に万が一のことがあれば、社長の個人資産も投入しなくてはいけません。つまり、経営者の手取り収入を増やすことは、企業の重要な財務防衛戦略の一環なのです。会社のキャッシュだけでなく、社長個人のキャッシュも最大化します。

こんな方におすすめ

・インターネットで集客経路を築きたい店舗経営者

・資金繰りを強化したい経営者

・「稼いでもお金が残らない」とお悩みの経営者

こんな方にはお役に立てません

・自分で行動する気がない方

・大畑がすべてやってくれると思っている方

・「むずかしい」「できない」の一言で、すぐにあきらめる方

・データを採る気がない、数字と向き合う気がない方

・コンサルを頼めばすぐに結果が出ると思っている方

成功事例

・助成金ランディングページ:コンバージョン率 4%

・美容整体:リスティング広告コンバージョン率 4.5%

・整体院:リスティング広告 毎月5名集客

・マーケティングブログ:アクセス数 1カ月10000PV以上

・マーケティングサイト:アクセス数 1カ月25000PV以上

・配食サービスチラシ:反響率 1.67%

・居酒屋チラシ:反響率 2%

・居酒屋求人チラシ:反響率 1/350

・整体院チラシ:反響率 1/325

・接骨院チラシ:反響率 14/5000

・整体院チラシ:反響率 1/100

・ダイレクトメール:反響率 2.7%

・発毛サロンチラシ:反響率 1/5000

・美容院白髪染めチラシ:反響率 30/15000

・整体院チラシ:反響率 0.3%

など

PPC広告とチラシ集客の2つを行ってみてわかったことは、

  • 広告の反響の取れるノウハウは基本は同じだが、ランディングページ(インターネット)の方が多くの情報を載せられるので有利
  • チラシは外部要因(天候や季節など)に反響を強く左右される
  • 検索型広告は見込み客の方からアクセスしてくるので反響が取りやすい

ということです。

つまり、インターネット集客より、チラシの方が集客方法として難易度が高いということがわかりました。

手前みそながら、その厳しい集客環境で結果を残してきました。

もちろん、失敗もそれと同じようにしてきましたが、いわゆる「反響を取る広告ノウハウ」については自信があります。

経歴

1972年1月28日生まれ。

倉吉工業高校卒業

保険営業から、ルートセールス、現場監督など、さまざまな職業で転職を繰り返すがものにならず、中には1カ月でクビという事態もありました。

そんな自信を喪失していく中、チラシ集客に携わる機会を得、そこで作ったチラシが高反響になり、この道に進むきっかけとなりました。

失敗もたくさんありましたが、それも自分の成長の糧とし、ノウハウ頼りの集客の弱点を補うため、データ戦略もマーケティングに取り入れました。

財務もマーケティングも、数字で読み解き数字で語る、ここにこだわりがあります。

ちなみに、保険営業時代、起業当初、お願い営業・飛び込み営業が本当に嫌で嫌で、今後も絶対にしたくないので、「お願いされる営業」にシフトチェンジしたく、マーケティングとSEOを学びました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

【クライアントの声】

一ヶ月も前のことになりますが、7月27日に大阪で講演会を開催するにあたり、チラシのアドバイスをいただいた、つのだともこです。その節はありがとうございました。お陰さまで、スタッフ20名、ゲスト10名合わせまして、230名を超える講演会になりました。ご助言いただき、ありがとうございました。
さっそくクライアントに、スマホで上手く行ったキャンペーンのチラシ作成を提案したところ難なく受注。2日後にはセミナー参加費の10倍の売上が出ました。ありがとうございます。クライアントの成果が上がりましたらまたご報告いたします。ありがとうございました。
先日、ご指導いただきましたチラシの反響をご報告いたします。65枚で3人のお申込みがありました(反響率4.6%)内訳は次の通りです。今回のチラシで満足することなく、もっと、もっと「伝わるチラシ、伝えられるチラシ」を目指します。この度はご指導をいただき本当にありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガ